『バイプレイヤーズ』映画化にキャストら万感の思い「大杉漣さんの魂は生き続ける」

『バイプレイヤーズ』映画化にキャストら万感の思い「大杉漣さんの魂は生き続ける」

 俳優の田口トモロヲ(63)、松重豊(58)、光石研(59)、遠藤憲一(59)が29日、都内で行われた映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)完成披露上映会に出席した。



【動画】バイプレイヤーズ松重豊、濱田岳と柄本時生をイジる「若手は耳輪をしている」



 本作は、2017年1月期に『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』が金曜深夜のドラマ24枠で放送され、名脇役が本人役で出演し、共同生活を送る“おじさんのテラスハウス”として話題を集めた。18年には第2作が、今年1月からはドラマ版の新作『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』が放送された。



 第2作ドラマの撮影中に、本作を引っ張ってきた大杉漣さん(享年66)が亡くなり「続きは難しい」と思っていた中で、映画化が決定。



 いよいよ公開を迎えるにあたり田口は「やっぱり大杉漣さんがリーダーとして存在していまして。漣さんが突然いなくなってしまった時点で旅は終了したと思っていました」と語り「プロデューサーやスタッフのみなさんが模索してくれまして、今回のようにネクストバイプレイヤーズにバトンを渡す的な感じならと参加させてもらいました。漣さんがここにいないのが残念でなりませんが、大きくて広い場所にたどり着けたという思いでいっぱいです」と万感の思いを込めて話した。



 松重も「実名での役のフォーマットを作り上げたのは大杉漣さん。僕ら元祖と呼ばれる人たちが前面に出てくるのは最後だと思います。うしろに控えている若い人たちが、こういうフォーマットで遊べれば、大杉さんの魂が生き続けるということですから」と若い役者に“バイプレイヤーズ”が引き継がれることで、大杉さんの思いも繋がれると語った。



 光石は「映画になると思っていなかったです。大杉さんが映画化を熱望していたので、実現して本当にうれしいです」と笑顔。遠藤は「ひとつの作品にこの4人が同じ画面で出てくるのはありませんよ。100人の役者たちがごっそり出てきます。お祭りみたいな作品に漣さんも満足していると思います」と出来栄えに胸を張った。



 この日は、濱田岳(32)、柄本時生(31)、菜々緒(32)、高杉真宙(24)、芳根京子(24)、北香那(23)、有村架純(28)、松居大悟監督(35)も登壇した。



 本作は、2017年1月期に『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』が金曜深夜のドラマ24枠で放送され、名脇役が本人役で出演し、共同生活を送る“おじさんのテラスハウス”として話題を集めた。18年には第2作が、今年1月からはドラマ版の新作『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』が放送された。

カテゴリ