YOSHIKI、音楽関係者のメンタルケアに1000万円寄付 うつ、自殺を防ぐ支援行う

YOSHIKI、音楽関係者のメンタルケアに1000万円寄付 うつ、自殺を防ぐ支援行う

 ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIが、うつ病、不安、自殺などのメンタルヘルス問題を抱える音楽クリエイターや業界関係者を支援するため、米グラミー賞を主催するRecording Academy(R)のパートナーである音楽チャリティ団体・MusiCares(R)へ10万ドル(約1000万円)を寄付したことが明らかになった。



【写真】目を奪う完璧な肉体美&妖艶な流し目を披露するYOSHIKI



 自身が運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じての寄付であり、業界で影響力のあるVariety誌をはじめ、米国の主要メディアで大きく報道されている。



 YOSHIKIは「音楽の存在やファンの皆さんの応援がなければ、父や仲間など身近な人たちのように、自分も今生きていなかったかもしれません。自分の経験を語るだけでなく、実際に助けを必要としている人たちをサポートできればと思っています。このような問題に関してMusiCares(R)に協力できることをとても光栄に思います」とコメントを寄せた。



 今後、年間10万ドルが継続的に寄付され、音楽業界で働く人々が、個人心理療法、精神科治療、入院・外来サービス、グループセラピーを受ける際の支援や、年間を通じて開催されるワークショップやパネルディスカッションを通じて、メンタルヘルスに関する教育コンテンツを拡充することなどに活用される。
カテゴリ