大政絢、グルメドラマ初主演で、ギャップがすごいバリキャリOL役

大政絢、グルメドラマ初主演で、ギャップがすごいバリキャリOL役

 『凪のお暇』『珈琲いかがでしょう』など実写ドラマ化が相次ぐ漫画家・コナリミサト氏が描く、働く女性のちょい飲みグルメストーリー「ひとりで飲めるもん!」(芳文社)が、大政絢主演で連続ドラマ化される。WOWOWで6月4日より全8話一挙配信、WOWOWプライムで6月4日より放送開始(毎週金曜 後11:30、全8話※第1話無料放送)。



【画像】コナリミサト氏の原作書影



 大政が演じる主人公・紅河メイ(べにかわ・めい)は化粧品会社コスメーズの広報部に勤務する28歳。容姿端麗なうえ、若くして広報部のリーダーに抜てきされる仕事ぶりから社内では一目置かれる存在だが、やっかみも多い。誰もが羨む美貌とスタイルゆえ、周りから食には相当気を使っていると噂される彼女なのだが、実はそのイメージとは真逆。知られざる裏の顔があったのだ…! 仕事帰りの飲食チェーン店でのひとり飲みが自分への何よりのご褒美。至福の一杯に酔いしれ、ひたすらおいしいものをリーズナブルに食べ、今日をリセットしていく。明日も頑張ろう!と背中をそっと押してくれる懸命に働く全ての人に贈る、お手軽&リーズナブルなグルメドラマが誕生する。



 大政がWOWOWドラマで主演を務めるのは初。職場ではクールで何事も完璧なキャリアウーマンだが、仕事が終われば一転してひとり飲みを謳歌する、社内では知られざる別の顔が発動。グルメドラマでの主演は今回が初めてとなり、二面性のある役柄で女優として新境地に挑む。



 「自分がちょうど30 歳の節目となる年齢でこのお話を頂き、とても光栄な気持ちと緊張感が同時にきました」と語る大政。「でも、コナリミサトさん原作の漫画『ひとりで飲めるもん!』を読んだ時に、一人の女性が仕事を全力で頑張りながらチェーン店で一人飲みする主人公の姿を見て肩の力が抜けたというか、自分自身もリラックスしてやろうという気持ちになれました。自分が漫画を読んで感じた和らいだ感情を、ドラマを見た方にも感じていただけるように演じようと思いながら撮影に臨みました!」と、振り返る。



 監督は、二宮崇(テレビ東京『ゆるキャン△』)・進藤丈広(テレビ東京『レンタルなんもしない人』)・ 下向英輝。また、イガリシノブプロデュースブランドの「WHOMEE」が、メイが働くコスメ会社コスメーズの商品として登場する。そして、毎話1店舗ずつ実在の飲食店が登場するのも作品の大きな見どころ。第1話から順に「天丼てんや」「餃子の王将」「吉野家」「はなまるうどん」「かつや」「フォルクス」「カレーハウス CoCo 壱番屋」「スシロー」と、誰もが知る有名チェーン店がズラリ。



 「とてもテンポがよく、そして脚本を読むだけでお腹が空き、読み終わる時には幸せになれる。なんて心が弾む作品なんだ、と思いました。メイはとても仕事が出来、完璧人間に見られるのですが、一人の時間になった瞬間、人間味が溢れ出し

ます。そんな姿をとても愛おしく感じました。私も食べることが大好き! お酒を飲むことが大好き!それを息抜きや頑張る糧にしているタイプなのでとても共感しながら演じました!」と大政。



 絶対外せない定番メニューはもちろんのこと、知られざるちょい飲みメニューも披露され、次に訪れた際には思わず注文したくなるはず。大政は「この作品は実在しているチェーン店にご協力を頂きながら撮影をしています! 大変な時期ではありますが、食べる喜び、幸せを存分に感じられる。そして、誰しもが一度は行ったことがある場所なのでとても共感できて食べにいきたくなる。そんなドラマになっています! 仕事や学校、子育てなど、皆さん自分の中に感じているお疲れがあると思いますが、O.A される時には一人飲みセットを用意しながら一緒に乾杯して癒されてほしいなと思っています!」と呼びかけている。



 大政が演じるメイの多幸感あふれる飲みっぷり・食べっぷりも毎話披露されるが、見ているこちら側もなんだか心が軽くなってしまうほど。毎週金曜日にメイと一緒に、一週間の疲れを癒そう。



■原作:コナリミサト氏のコメント

 「ひとりで飲めるもん!」の実写ドラマ化、とてもとてもうれしいです!! 大政絢さんの紅河メイのビジュアルがはちゃめちゃに紅河メイで飛び上がりました。クールビューティーがほどけたときの「なまらうみゃ~!」とのギャップもすごい楽しみです。毎話実在するチェーン店の方々が撮影に協力してくださっているのですが、どのお店もメイと同じく利用しているファンの1人なのでとても胸が熱いです!!



■宮田徹プロデューサーのコメント

 絶世のビジュアルでバリバリ働き、ひとり飲みでは、表情豊かに食を楽しむ。コナリ先生の原作に触れ、紅河メイは大政絢さん以外には思いつきませんでした。現場でその思いは確信に変わりました。大政さんは正にメイそのもの!クールビューティーな仕事風景とチャーミングかつ、豪快なひとり飲み姿という、ふり幅の非常に大きい主人公を見事に表現していただきました。今回ドラマで登場する店舗はいずれもチェーン展開し、視聴者の皆さんにもなじみのあるお店ばかり。ぜひ、ドラマを見て、美味しいご飯を食べに行って、メイ同様に英気を養っていただきたい。そして、コロナ禍にあって安全でおいしい食事を提供してくれる、飲食店に関わる方々にも想いを馳せていただければ幸いです。



■特設サイト:

https://www.wowow.co.jp/drama/original/nomerumon/
カテゴリ