美味しさだけじゃないなんて…環境にやさしい「カカオチャイほうじ茶」でほっと一息つきたい気分です


無農薬の野菜や無添加の素材を使用した食品ブランド「SIZEN TO OZEN(しぜんとおぜん)」のカフェシリーズに、新商品「カカオチャイほうじ茶」が仲間入り。



4月9日(金)から、GOOD NATURE STATION1階のショップ「MARKET」と、GOOD NATURE STATION ONLINEにて販売がスタートします。





信じられるものだけを、美味しく、楽しく



「SIZEN TO OZEN」は、京都市にある複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」のオリジナルフードブランドです。



有名レストランで料理長を務めたシェフが、家庭でも本格的なごちそうを楽しめる商品を開発。



自然のおいしさと調理法にこだわり、「信じられるものだけを、美味しく、楽しく」を表現しています。





今回新たに登場するカカオチャイほうじ茶(税込1,404円)も、自然の素材を生かし、人にも環境にもやさしい製品づくりによって生まれたもの。“アップサイクルされたチャイ”なんですよ。



“アップサイクルされたチャイ”って…?



カカオチャイほうじ茶は、奈良県・月ヶ瀬の有機ほうじ茶に、コスタリカ産カカオと厳選したスパイスをブレンド。





番茶の製茶時に砕けてしまい、本来であれば商品になりにくい「ダストティー」と、チョコレート作りではほとんど活用されていない、カカオの外皮「カカオハスク」が使用されています。



原料を余すことなく使い、美味しいドリンクに生まれ変わらせることで、アップサイクル(“ゴミを宝物に換える”というサステナブルな考え方)を実現しているのだとか。





茶葉は黒糖入りなので、牛乳と煮だしてそのまま美味しくいただけますよ。



スパイスのスペシャリストによるブレンド



さらに、チャイのおいしさを決めると言っても過言ではないスパイスのブレンドは、シャンカール・ノグチさんによるもの。ノグチさんはインドのスパイス商社、インドアメリカン貿易商会の3代目代表で、スパイスのスペシャリストなんです。



本場のチャイを知り尽くしたノグチさんの考える、ほうじ茶とカカオに合わせたスペシャルなブレンドだそう。







含まれているのは、口臭を改善するといわれる「グリーンカルダモン」、抗菌作用のある「クローブ」、美白効果が期待できる「シナモン」、冷え性改善に役立つ「ショウガ」など。女性にうれしいスパイスがたっぷりです!



新しい環境が始まって、何かと忙しさが増す春の季節。じっくり、自分と向き合う豊かなお茶時間を過ごしてみませんか?





【作り方】

カカオチャイほうじ茶大さじ2杯・水120cc・牛乳120cc ※黒糖入り

1、水120ccに、茶葉大さじ2杯を入れて水が半分程になるまで良く煮詰める。茶葉の色と香りを抽出。

2、牛乳120ccを加えて沸騰させたら出来上がり。※吹きこぼれに注意。

3、茶こしなどで濾しながら、カップに注ぐ。



GOOD NATURE STATION ONLINE

https://bit.ly/2PAATY3

「SIZEN TO OZEN」公式Instagram

https://bit.ly/3rxA0gi



カテゴリ