日本食の常識を楽しく解説!『マンガでわかる日本料理の常識』発売

日本食の常識を楽しく解説!『マンガでわかる日本料理の常識』発売


日本人も意外と知らない、日本食の常識をイラストと漫画で楽しく解説する一冊『マンガでわかる日本料理の常識』が、誠文堂新光社より4月13日(火)に発売される。

漫画やイラストでわかりやすく解説



同書は、日本料理を日本の風土や民俗、科学、歴史の視点から、ときに欧米との比較を交えて紹介。


さらに、本を読むのが苦手という若い人も楽しく読み進められるように、マンガやイラストを盛り込み、親方、親方の下で日本料理の修行をするフランス人・エマ、親方の孫で日本料理人志望の男子高校生・学の3人の登場人物が案内する形式となっている。

日本の風土が日本独自の食文化に



1章では、日本の風土が日本の食文化を決定づけたことに注目。雨量が多く山がちな国土だからきれいな水が豊富で、それが生食を可能にし、繊細なだしの文化を生んだこと。森林資源に恵まれ漆があったことが、器を手に持って口づける食べ方を定着させたこと。四方を海で囲まれ、生で食べられる魚に恵まれたこと。「発酵」や「うま味」では、長らく肉食を禁忌してきた先人がいかに美味しさを求めて工夫を重ね、20世紀初頭に「うま味」を発見したかに迫っている。

各時代の料理の様式を振り返る



2章では、日本の饗応料理の歴史にフォーカス。おかずや台所の語源、食前に「いただきます」と手を合わせる習慣、結婚式の三々九度や、食い切りの形など、現在の私たちの生活に残る痕跡から、各時代の料理の様式を学ぶ。

会席料理を食べる際のポイントも



3章では、1章・2章で学んだ知識をもとに、実践へ。監修者の長島博先生の手による会席料理を美しい写真とともに紹介し、会席料理を食べる際のポイントや器の基礎知識についても学ぶ。

マナー編はクイズ形式で


続くマナー編では、料亭などへ行った際に役立つ部屋の造りの基礎知識や、食事をする際に間違いやすい事柄をクイズ形式で紹介する。

『マンガでわかる日本料理の常識』は、1,760円(税込)。

日本料理人を目指す人はもちろん、日々よりよく食べるための一冊として、『マンガでわかる日本料理の常識』を手にとってみては。
カテゴリ