【ANN0連続インタビュー】マヂカルラブリー“2冠つながり”霜降り明星に対抗心? 大先輩ナイナイとの芸人リレーに期待も

【ANN0連続インタビュー】マヂカルラブリー“2冠つながり”霜降り明星に対抗心? 大先輩ナイナイとの芸人リレーに期待も

 1967年10月2日の放送開始から、今年の秋で55年目を迎えるニッポン放送の人気ラジオ番組『オールナイトニッポン』。現在深夜3時から放送されている『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ANN0)では、『M-1王者』『武道館アーティスト』『人気テレビディレクター』など、さまざまなジャンルで活躍する豪華パーソナリティーがラインナップされている。ORICON NEWSでは新シーズンの改編期に合わせて、火曜から金曜までの4組のパーソナリティーにインタビューを敢行。4月から新たに木曜『ANN0』を担当するマヂカルラブリーは、満を持してのレギュラー化、直前に放送されている『ナインティナインANN』などについて語った。



【動画】マヂラブ、三四郎ら『ANN0』パーソナリティが爆笑トーク!



■タイミングも味方した『ANN0』レギュラー化 ナイナイに“逆ゴチ”提案



――昨年末の『M-1』優勝以降、お忙しい日々が続いていると思いますが、いかがですか?



【野田クリスタル】とりあえず、翌日のスケジュールは見ないで、仕事が少なそうな日を見つけるるようにしています(笑)。優勝直後の1月の最初の方は割と余裕があって、最近の方が忙しいですね。たぶん、つり革ネタのイメージが強すぎて、まともにしゃべらないんだろうなって思われていたのが、今になって(適応力があると)わかっていただけたのかなと(笑)。



【村上】僕らがちょっと様子見されている間に、おいでやすこがさんの方が早く出ちゃった感じですね(笑)。



――野田さんが昨年の『R-1ぐらんぶり2020』で優勝した直後、ANNチーフディレクター(当時)の石井玄さんがツイッターで公開オファーしたことがきっかけとなり、昨年3月にコンビで『ANN0』を担当されました。



【野田】そこからつながってよかったですね。『M-1』チャンピオンになってから単発だったら、今回のレギュラーに間に合ってなかったかもしれないので、『R-1』優勝した時に呼んでいただいてよかったですね。



【村上】野田だけでやっていたら『野田クリスタルのANN0』になっていた可能性もありましたから(笑)、コンビで呼んでいただけて良かったなと。



【野田】そうなったら、毎回村上がゲストで来るっていうボケをしようかという案もありました(笑)。



【村上】嫌だよ。そうなったら、僕が『野田クリスタルのANN0』ってタイトルコールもすることになっちゃうから(笑)。



――直前には、ナインティナインさんがパーソナリティーを務める『ナイナイANN』が放送されています。



【村上】接点が少ないので、僕らのことをどう思っているのかっていうのも、わからないですし、こちらからしたらビビっちゃうくらいの大先輩なので、ご迷惑だけをかけないようにと。



【野田】やっぱり、僕らはナイナイさん世代で、出演された番組を山ほど見てきたので、本当はもっと仲良くなりたいですよね。聞きたいこと山ほどありますし。『めちゃイケ』で共演していたモー娘。さんの話は、どこまで聞いていいんだろうって…、ナイナイさんっていうより、モー娘。さんのエピソードを聞きたいです(笑)。



【村上】ひどい奴ですよ、コイツは(笑)。ぜひ、交流させていただいて、「ちょっとスタジオに入ってきて、告知していってよ」とか言っていただけたら最高ですね。多数いらっしゃるナイナイさんのリスナーを少しでも取り込めたらなと。



【野田】逆ゴチみたいなのをやってもいいかなって思います。お2人にめちゃくちゃ安いものを紹介して、その値段を当ててもらうみたいな。もう1回、若手時代を思い出していただくような企画をやってもらいたいですね(笑)。



【村上】たしかに、半額惣菜とかわからないかもしれないから(笑)。



■菅田将暉とのデートプラン企画に前向き 満を持してのレギュラー「長く聞いていられるようなラジオを」



――『ANN』といえば、番組間のつながりも密ですが、楽しみにしていることはありますか?



【野田】(月曜『ANN』担当の)菅田将暉さんがマヂカルラブリーを好きで、僕のYouTubeも見てくれているという、とんでもないコアなことを公言してくれたので、一緒に何かをやれるような機会があればうれしいです。菅田さんがラジオで僕に「告白しちゃおうかな」ともおっしゃっていたので、菅田さんが僕とデートするなら、どこに行くかみたいな企画をやってみたいですね。



――それぞれ、これまで聞いてきたラジオはありますか?



【村上】くりぃむしちゅーさんのANN聞いていましたし、まぁ…ちょっと(周りを気にしながら)TBSラジオの『JUNK』も聞いていましたね。ちょっとだけですよ(笑)。オールナイトっ子なので(笑)。



【野田】僕は聞いてこなかったんですけど、最近はYouTubeでラジオをやっている芸人も多いので、そこで地下芸人のラジオを聞くのにハマっていましたね。楽しいんですよね。モダンタイムスの『ぐだぐだネットラジオ』っていうのがあって、本当にひどいんですよ。「家ないんですけど」って、普通はオチになるワードからトークが始まったりして(笑)、すごくいいラジオだなと。すばらしくて。僕もなかなか地下でやっていないので、あの人たちしか醸し出せないオーラがありますね。『ANN』という、どメジャーのラジオがある裏には、再生回数100回くらいの地下芸人のラジオもあるんだぞと。番組の中で、そういう芸人さんを紹介して、腰抜かしてくれることがあったらうれしいですね。



――『M-1』『R-1』の2冠を達成した芸人さんが『ANN0』を担当するとなると、この春から『ANN0』から『ANN』を担当することになった霜降り明星さんと同じですが、意識しているところはありますか?



【野田】今回、霜降りと三四郎さんが入れ替わって、次は僕らが金曜の1部(ANN)にいく、その次は(『THE W』と『R-1』王者の)ゆりやんレトリィバァが『ANN0』をやることが決まって、その1年後には僕らと入れ替わる…、こういうテレコになっていくような感じですかね。賞レースのテレコ連鎖っていう。常にせめぎ合いながら、気を抜けないぞっていう。



――深夜3時からという放送時間は体力的に大変そうですが、不安はないでしょうか?



【村上】僕はその時間まで起きているタイプなので、そこまで怖くないかな。



【野田】ラジオをやっている間はテンションも上がっていると思うんですけど、問題は次の日のスケジュールですよね。放送が終わった後に、そのまま仕事が入っていると、相当心が折れそうになることがあると思うので、そこは気をつけたいです。あとは、僕は体張る系の仕事をやらせていただくことがあるんですけど、早朝からの仕事が多いので、失神しないようにしたいです(笑)。



――番組を楽しみにしているリスナーのみなさんに一言お願いします。



【村上】長くずっと聞いていられるようなラジオを目指したいなと思っておりますので、気負わず聞いていただけたらなと。はがきやメールを送ってくださる方には、フィルターかけずに、原液そのままで送ってきていただいて構いません。どんどん来てください。



【野田】単発からレギュラーになって、何かが変わるっていうことはなくて、単発を毎週やっている感じになってくると思うので。何も変わらず、新しく聞いてくれる人も警戒せず、YouTubeなんじゃないかっていうくらいのノリのラジオなので、ぜひ聞いてほしいです。



●マヂカルラブリー

野田クリスタルと村上によるお笑いコンビ。2002年より個々に活動し、村上が野田のライブを見て声をかけ、07年にコンビ結成。野田は昨年3月に行われた『R-1ぐらんぶり2020』で優勝し、同年12月にはコンビで『M-1グランプリ2020』の王者に輝いた。
カテゴリ