7つのテーマで東北の魅力を届ける「ニッポン旅列島 東北キャンペーン」

7つのテーマで東北の魅力を届ける「ニッポン旅列島 東北キャンペーン」


近畿日本ツーリスト各社では、東日本大震災から10年の節目に東北の魅力を伝え復興と地域活性化に寄与するため、4月~9月にかけて「ニッポン旅列島 東北キャンペーン」を実施する。

7つのテーマで東北の魅力を届ける


「ニッポン旅列島 東北キャンペーン」では、7つのテーマで、青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島の東北6県の旅をお届け。

テーマには『東北の桜』『震災から10年~防災ツーリズム~』『旬の花めぐり』『一度は見たい!東北のお祭り・イベント』『フルーツ王国東北を味わう』『東北が誇る世界遺産を巡る』『乗り物でめぐる東北旅』がラインアップしている。

ツアーの一例として、『東北の桜』と『震災から10年~防災ツーリズム~』を紹介しよう。

東北の旬の花を楽しむ旅



『東北の桜』では、色とりどりに染まる東北の旬の花を楽しむ旅を用意。青森の「弘前城」や、宮城の「益岡公園・白石城」、山形の「伊佐沢の久保桜」、岩手の「石割桜」、秋田の「角館・桧木内川堤の桜並木」、福島の「日中線のしだれ桜」など、各県の桜の名所をめぐるプランが揃っている。

記憶をとどめ防災のヒントを学ぶ旅



『震災から10年~防災ツーリズム~』は、記憶をとどめ防災のヒントを学ぶ現地発着の観光プラン。


また、震災遺構の見学や新しい街を眺めながら防災のヒントを学ぶ『~”あの日”の記憶を未来へ伝える~3.11防災ツーリズム』の特集ページを近畿日本ツーリスト公式HPにて通年で設置しており、壊滅的被害にあった町が復興している過程や、二度と元通りにならないことなどを未来のための教訓として学べる企画となっている。

東北の名産を100名にプレゼント



さらに、対象となる東北の旅を申し込んだ人の中から、抽選で100名に「東北の名産」をプレゼント!詳細はキャンペーンページにて確認を。

7つのテーマに沿った旅プランで、東北の魅力を体感しよう!
カテゴリ