錦戸亮、有観客FCツアー完遂「目の前に誰かがいる状態で歌うほうが好きやな」

錦戸亮、有観客FCツアー完遂「目の前に誰かがいる状態で歌うほうが好きやな」

 シンガー・ソングライターの錦戸亮が、2ndアルバム『Note』(1月発売)リリース記念の購入者無料イベント「錦戸亮Album “Note” リリーススペシャルイベント」と、ファンクラブ限定ライブ『LIVE 2021 “Note”』を全国7ヶ所のライブハウスで21公演を開催。3月31日の東京・Zepp DiverCity公演でファイナルを迎えた。リリースイベントでは弾き語りとバンドスタイルで全7曲、ライブではアルバムとほぼ同じ流れのセットリストで『Note』を体感できる時間を提供した。



【ライブ写真6点】想いを込めて新アルバム『Note』収録曲を歌い上げる錦戸亮



 収容人数を半分以下に減らし、徹底した感染予防対策をしたうえで開催した錦戸は「声は出せずとも気持ちがあふれるような、そんなふうな1日になればいいと思います」と呼びかけ、客席を気遣いながら誠意あふれるパフォーマンス。観客も拍手やペンライトで精いっぱい反応した。



 自身が全曲の作詞・作曲・プロデュースを手がけた2ndアルバム『Note』収録曲を披露したライブの終盤には「人数をものすごく減らしたファンミーティングや、無観客でも、ライブをやってみて思ったのは、やっぱり座っていても、誰もしゃべらなくてもいいから、目の前に誰かがいる状態で歌うほうが僕は好きやなと思いました」と素直な気持ちを告白。



 「これからも状況に応じて精査しながら、できる限り僕は皆さんの前に立ち続けたい。皆さんが応援していてよかったな、やっぱり応援したいなと思えるような僕であり続けるしかないので、これからもよろしくお願いします」と真摯に想いを伝えた。



 4月15日からは全国10ヶ所、計12公演のホールツアーをスタートさせる。



■『錦戸亮LIVE TOUR 2021 “Note”』

4月15日:東京・中野サンプラザ

4月18日:福岡・福岡サンパレス

4月20日:大阪・フェスティバルホール

4月22日:東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

4月23日:東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

4月29日:愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール

5月1日:広島・広島文化学園HBGホール

5月7日:埼玉・大宮ソニックシティ

5月8日:宮城・仙台サンプラザホール

5月15日:京都・ロームシアター京都

5月16日:兵庫・神戸国際会館

5月23日:神奈川・よこすか芸術劇場
カテゴリ