奈緒、初アクションシーンは“アトラクション” 坂口健太郎は心配も「痛くなかった」

奈緒、初アクションシーンは“アトラクション” 坂口健太郎は心配も「痛くなかった」

 女優の奈緒、俳優の坂口健太郎が2日、都内で行われた 映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』初日舞台あいさつに登壇。奈緒は同作が初めてのアクションシーンだったことを明かし、感想を語った。



【全身ショット】スリットから美脚スラリ…美しいスタイルで登場した吉瀬美智子



 韓国の同名ドラマをリメイクした同作は、2018年4月期に連続ドラマとしてフジテレビ系で放送。謎の無線機が“現在”と“過去”2人の刑事をつなぎ、ともに未解決事件を解決していく設定や、時空を超えて複雑に絡み合う骨太な人間ドラマで人気を集めた。



 映画は、連ドラ後のエピソードを描いたオリジナルストーリー。“過去”に生きる刑事と通信しながら、未解決事件を解き明かそうと奮闘する“現在”の刑事・三枝を坂口、時代を超えて三枝の相棒となる“過去”に生きる熱血刑事・大山を北村一輝、三枝が所属する警視庁・未解決事件捜査班の班長で、大山のかつての後輩で想いを寄せる桜井を吉瀬美智子が演じる。奈緒は、女性ジャーナリストで三枝たちの捜査に協力する小泉ミチル役として、本作からの新キャストとして出演する。



 奈緒は「初めてアクションのシーンもあって、初めてのジャーナリスト。初めてがたくさんの現場でした。そこは楽しいなと思いつつ難しさもありました」と撮影を振り返る。アクションシーンについて坂口は細かな部分までこだわりながらも「楽しかったです。奈緒さんとははじめましてでしたけど、心地よくやらせてもらった」と語った。



 奈緒は「坂口さんに身を委ねてのアクションシーン。緊張もしていたんですけどアトラクションに乗っているかような(笑)」と笑顔。坂口が「ああいうのって痛くないんですか?」と心配そうな表情を見せると奈緒は「痛くなかったです。『痛くない?』ってスゴく気にしてくださって、スゴく優しくしてくださった」と笑顔。ただ直後に「痛くないっていいのかな?」と別の心配がよぎっていたようだった。



 舞台あいさつには、北村、吉瀬、伊原剛志、橋本一監督も参加した。
カテゴリ