山田孝之、監督業で“豪腕”振るう 松田龍平を“一本釣り”「熱いアプローチ掛けました」

山田孝之、監督業で“豪腕”振るう 松田龍平を“一本釣り”「熱いアプローチ掛けました」

 俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督し、共同制作した映画『ゾッキ』の公開記念舞台あいさつが3日、都内で行われた。



【動画】舞台あいさつでイチャイチャする山田孝之&松田龍平



 漫画家・大橋裕之氏の幻の初期作集「ゾッキA」「ゾッキB」を原作に、俳優であり、クリエイターとしても異能示す、竹中、山田、齊藤の3人が共同監督を務め、一本の長編映画としてまとめ上げた。



 キャストの松田龍平は、オファー当時の思い出として「初めに山田くんから電話があって『映画ある。どう?』と連絡がきました」と切り出し「その時は面白そうと思ったんですけど、そこからすごい熱量でメールと電話が来て、だんだんと怖くなってきてどうしようと(笑)。その熱量がすごかったので、それに応えようと努力しました」と笑った。



 これに山田は「キャスティング会議の時に僕が『龍平くんを絶対に落とすから。一本釣りするので代案はないです』と。スタッフの方は不安がっていました。釣るしかなかったわけですから、ずっと熱いアプローチを掛けました」と舞台裏を明かしながら「本当に感謝ですね、松田龍平が芝居してくれてうれしかった」と安堵の表情を浮かべた



 その後も“豪腕”を振るった山田は、満島真之介、国村隼らのキャスティングも“一本釣り”に成功。「國村さんは『全裸監督』でご一緒した際に『君との仕事は面白いわ』と言ってくださった。だからイケると思ってました。本当に感謝です」とうれしそうに話していた。



 舞台あいさつにはそのほか、森優作、松井玲奈、竹中監督、齊藤監督が出席した。

カテゴリ