森優作、名前の由来は「松田優作さん」 “息子”松田龍平と共演実現

森優作、名前の由来は「松田優作さん」 “息子”松田龍平と共演実現

 俳優の森優作、松田龍平らが3日、都内で行われた映画『ゾッキ』の公開記念舞台あいさつに出席した。



【写真】舞台あいさつに登壇した山田孝之、松田龍平、齊藤工、松井玲奈



 松田優作さんが亡くなった1989年に生まれた森は、優作さんの大ファンだった母親がその名前を命名。今作で優作さんの息子である龍平と共演が実現すると「母親の愛情が過ぎてしまって…。ファンだった人の名前を付けてしまった。何か本当に申し訳ないです」と恐縮しきり。その様子を龍平は優しく見守り、笑っていた。



 メガホンを取った齊藤工監督は「僕は森さんの名前の由来を知っていた。龍平さんと共演するコンビニの場面は、モニターを覗きながら、森さんの心情になってドキドキしながら『すごい瞬間だな』と堪能しましたね」としみじみと振り返っていた。



 漫画家・大橋裕之氏の幻の初期作集「ゾッキA」「ゾッキB」を原作に、俳優であり、クリエイターとしても異能示す、竹中直人、山田孝之、齊藤の3人が共同監督を務め、一本の長編映画としてまとめ上げた。



 舞台あいさつにはそのほか、松井玲奈、竹中監督、山田監督が出席した。
カテゴリ