ティモンディ高岸、“芸能界最速”142キロを達成 “因縁”日ハム西川と対戦

ティモンディ高岸、“芸能界最速”142キロを達成 “因縁”日ハム西川と対戦

 お笑いコンビ・ティモンディが3日、札幌ドームで行われたプロ野球日本ハム対ロッテ戦のファーストピッチに登場。愛媛の強豪・済美高校野球部出身の高岸宏行がマウンドへ上がり、相方・前田裕太が捕手を務めた。



【写真】場内アナウンスでスタメン紹介も担当したティモンディ



 打席に立ったのは、高校3年生時に練習試合で対戦し、ホームランを打たれたという日本ハム・西川遥輝選手。実に11年ぶりの対戦となり「目標は170キロ」と宣言していた高岸は“芸能界最速”となる142キロの速球を放ち、駆けつけた野球ファンを沸かせた。



 終了後、前田は「めちゃくちゃステキな球場で、 プロ野球選手の皆さんに囲まれてこんな体験ができて光栄です! さらに西川遥輝選手とも対戦できてうれしかったです」と喜びを爆発させた。



 高岸も「北海道の皆さんのおかげでベストパフォーマンスできました! 皆さん、 西川選手、 ありがとうございます!」と笑顔で語り、球速142キロの記録したことについては「前より出てたんだ…びっくりですが、 僕自身は170キロを出せたと思ってます! 次の目標は180キロです!」とぶち上げ、さらなる飛躍を誓った。



 きょう3日午後11時半からは、ティモンディ初のレギュラー冠番組『ハレバレティモンディ』(札幌テレビ放送)がスタート。17日には、ファーストピッチに臨む二人の様子や、直前練習の模様などが放送される。
カテゴリ