これをすると嫌われるかも…「好きな男性」とLINEをするときの注意点

これをすると嫌われるかも…「好きな男性」とLINEをするときの注意点

好きな男性とLINEでやり取りをしている時間は、とても幸せに感じることでしょう。


ただ、そこで嫌悪感を抱かれてしまったら意味がないので、気をつけるべきポイントはちゃんと押さえておきましょう。


そこで今回は、「好きな男性」とLINEをするときの注意点を紹介します。




「スルー」を気にしすぎない


好きな男性にLINEを送ったのに未読スルーや既読スルーをされたら、気が気じゃないでしょう。


「迷惑だったかな」とか「嫌われているのかもしれない」なんて、勝手にマイナスな思い込みもしてしまうかも。


でも、いちいちそんな風に考えていたらLINEを送りにくくなるでしょうし、ちょっと重い雰囲気が出る危険性もあります。


「今は返信できない状況なんだな」といった具合に割り切って考えて、変に悩みだすようなことは避けたほうがいいですよ。


「頻度」を合わせる


LINEを送る頻度があまりにも相手と違うと、重荷に思われてしまうことになりかねません。


好きだからといって一方的にメッセージを送りまくったら、受け取る男性はストレスに感じるようになるでしょう。


相手の男性がどれくらいのペースでLINEを送る人なのかを見て、ある程度はそれに合わせていくことが大事。


頻度が同じくらいだと、変な負担がかかることはなくなるので、男性は疲れや苦痛を感じることなくやり取りができるはずですよ。



「タイミング」を見計らう


「タイミング」を見計らう


好きな男性にLINEを送るときには、相手がどういう状態なのかをまずは考えるべき。


早朝や深夜、仕事中に送るのは、迷惑をかけることになる場合もあるので、できるだけやめたほうがいいでしょう。


また、男性が大変な状況やつらい状況のときなどに、どうでもいい内容のメッセージを送ったら、怒りを買うことにもなりかねません。


「会話がしたい」という自分の願望だけを満たそうとすると、自分のことしか考えていない女性というイメージを持たれてしまうので気をつけてくださいね。


いちいち「長くならない」


男性は、いつまでもダラダラとLINEで長話をすることを苦痛に感じる人が多いです。


相手が好きな男性だったら、少しでも長く話していたいという気持ちになるでしょうが、やりすぎると鬱陶しく思われるだけ。


「あの子のLINEはいつも長くなる」なんて印象を持たれたら、LINEのやり取り自体を避けられる危険性も。


楽しい会話がある程度できたところで終わったほうが、「また話したい」と男性に感じてもらえるようになりますよ。


好きな男性とLINEするときに気を付けたいのは


好きな男性とのLINEをするうえでもっとも注意したほうがいい点は、ひとりよがりにならないこと。


相手がどう感じるのかを意識しないと、楽しいのは自分だけなんて状態になりかねないですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ