山崎賢人主演『夏への扉 ーキミのいる未来へー』6・25公開決定

山崎賢人主演『夏への扉 ーキミのいる未来へー』6・25公開決定

 俳優の山崎賢人(※崎はたつさき)が主演する映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』の新たな公開日が6月25日決定した。本作は、1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、60年以上経つ今でも色褪せぬ伝説のSF小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を映画化したもの。大切な人を救うために、時を超えて奔走する壮大なラブストーリーだ。



【画像】新たに解禁された映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』場面写真



 山崎は、罠にはめられ、すべてを失いながらも、大切な人を救うために30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる。共演には、孤独に生きてきた宗一郎にとってかけがえのない存在・璃子役に、2021年度前期放送の連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)のヒロインとして注目を集める清原果耶。30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボット役に藤木直人。その他、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨臨、原田泰造らが共演する。



 監督は、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩。主題歌はLiSAの書き下ろし楽曲「サプライズ」。



 将来を期待される科学者だった宗一郎。早くに両親を亡くしずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大事に思っていた。亡き養父である松下の会社でとある研究に没頭していた宗一郎だが、研究の完成を目前に罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。



 目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京。宗一郎は研究も財産も失い、璃子は謎の死を遂げていた。失って初めて、璃子が自分にとってかけがえのない存在だったと気づく宗一郎。人間にそっくりなロボットの力を借り、30年の間に起こったことを調べ始めた宗一郎は、ある物理学者にたどり着く。驚きの事実を知った宗一郎は、再び1995年へと時を超える。ただ、璃子を救うために――。宗一郎と璃子の壮大なラブストーリーの行く末は?



 公開日の決定と合わせて、新たな場面写真が8点解禁された。一つのイヤホンをお互いに片耳ごとに付けて一緒に音楽を聴く宗一郎と璃子や、コールドスリープから目覚めた宗一郎など温かみを感じるものもあれば、不穏な空気を感じせる悲しげな表情をしながら猫のピートを抱える璃子を捉えた一枚など、過去と未来の世界、そして物語がさまざまに展開していく様子を垣間見ることができる。
カテゴリ