『りぼん』初の公式オンラインコミュニティをオープン 会員制で漫画との「出会い」の場

『りぼん』初の公式オンラインコミュニティをオープン 会員制で漫画との「出会い」の場

 1955年より発行している集英社の月刊少女漫画雑誌『りぼん』が5日、同誌史上初となるファンコミュニティ『りぼんむすび』をオープンさせた。同サービスは、りぼん編集部が発信するここだけでしか読めない記事のほか、読者も有料会員登録をすることで、自ら記事や写真を投稿することができる「双方向デジタルメディア」という、新たなオンラインサービスとなっている。



【画像】アプリでも楽しめる!「りぼん」コミュニティの内部がチラリ



 『りぼん』はこれまで「漫画雑誌」という枠を超えて、YouTubeやTwitter、Instagramなど、雑誌以外のメディアでも読者への発信をしてきた。そこからさらに踏み込む形で、「大人も子どもも、りぼんと新たに『出会う』場所」をコンセプトとし、デジタル化が進む今の時代に双方向のコミュニケーションができる場を設ける運びとなった。



 会員制オンラインコミュニティというクローズドな場だからできるコミュニケーションを通じて、りぼんっ子も編集部も一緒になって『りぼん』を楽しみ、作っていく狙いがあり、ここでしか見られない公式コンテンツも豊富に用意していく。



 『りぼんむすび』内では記事やコメント投稿、「いいね」ボタンを押すことによってポイントが貯められ、ポイントは、スマートフォン用のデジタル壁紙などの『りぼんむすび』限定のグッズと交換することができる。今後は『りぼんむすび』のローンチを記念して、過去に『りぼん』で連載していたレジェンド作家から現役の作家まで幅広く、お祝いの描き下ろし色紙が届く予定で、順次紹介していく。動画の公開や会員限定のオンラインイベント、会員と編集部が意見を交わしあう企画会議なども実施予定となっている。



 会員費は月額700円(税別)、ターゲットは20~30代。プラットフォームは、WEBとアプリ。
カテゴリ