コ・アソン主演、お仕事エンターテインメント『サムジンカンパニー1995』7・9公開

コ・アソン主演、お仕事エンターテインメント『サムジンカンパニー1995』7・9公開

 ポン・ジュノ監督作『グエムル-漢江の怪物-』で鮮烈な映画デビューを果たしたコ・アソン主演、激変する韓国社会や某企業の汚水流失事件などの実話を元に、大企業に勤める3人の高卒女性社員たちが、偶然知った会社の不正に自らの知識と知恵と勇気で立ち向かう姿を痛快に描き話題となった『サムジンカンパニー1995』(英題:SAMJIN COMPANY ENGLISH CLASS)が7月9日より、全国で順次公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルが解禁された。



【写真】『サムジンカンパニー1995』メインカット



 1995年、ソウル。大企業に勤める高卒女性社員のジャヨン、ユナ、ボラムの3人は実務能力は完璧ながら、仕事はお茶くみや書類整理など雑用ばかり。そんな彼女たちに会社の方針でTOEIC600点を超えたら、「代理」に昇進できるチャンスが到来する。ステップアップを夢見て英語の勉強に励む中、偶然ジャヨンが会社の工場から汚染水が流出しているのを目撃してしまう。その証拠を隠蔽しようとする会社を相手に、彼女たちは解雇の危険を顧みず、力を合わせて真相解明に向けて立ち上がる。



 本作で、時には弱気になりながらも真相追及を諦めない芯の強さを持つジャヨン役に『グエムル-漢江の怪物-』、『スノーピアサー』のコ・アソン。ジャヨンの同期で推理小説マニアの姉御肌ユナには『小公女』、『ハッピーログイン』のイ・ソム。数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部の心優しき天才シム・ボラムには『スウィング・キッズ』、『あなた、そこにいてくれますか』のパク・ヘスという、韓国映画界を支える女優たちが集結。



 日本版ポスタービジュアルでは、90年代の韓国の雰囲気を感じさせる中、三人三様の個性あふれる姿を中心に、「じっとしているだけなんて、つまらない!」というコピーが配され、劇中に登場する英単語“tiny tiny”=ちっぽけな存在の彼女たちが、どんな逆襲をしていくのか、期待が高まるビジュアルとなっている。



 熾烈な学歴社会の韓国では、どんな才能があっても高卒社員は大卒社員の雑用ばかり。そんな現実に翻ろうされながらも、前向きに自分の居場所を探し続ける女性たち。日本ドラマ、落ちこぼれOLたちの活躍を描いた『ショムニ』や会社の危機を救う派遣社員を描いた『ハケンの品格』にも通じるものがある、お仕事エンタテインメント。
カテゴリ