【キャンメイク / エテュセ】統一感のあるメイクは“ブランド縛り”でつくる!プチプラコスメで楽しむ春メイク


コスメの選び方は人それぞれですが、簡単にまとまりのあるメイクに仕上げる方法のひとつが「ブランドで統一すること」。



今回はお財布に優しいプチプラブランド、キャンメイクとエテュセでつくる“春メイク”をご紹介します!



CANMAKE(キャンメイク)で大人のオレンジメイク




illustration by machi



今年の春メイクは、オレンジを取り入れるのがトレンド。春らしく軽やかな雰囲気にしたいなら、CANMAKE(キャンメイク)が展開している、シルキースフレアイズ(税込825円)の新色「ネクタリンオレンジがぴったりです。



おすすめの使い方は、ブラウンを使わずにオレンジの3色だけでふんわり仕上げる方法。



抜け感やこなれ感が出せる上に、ブラウンやブラックなどの濃い色で引き締めないことで境界線を曖昧にして、目を大きく見せる効果が狙えます!



アイブロウやアイラインは、オレンジと馴染みの良い赤みを帯びたブラウンで。CANMAKEはブラウンのバリエーションが豊富なのも、うれしいポイントのひとつですね。



唇は引き締めカラーのブラウンに



リップはステイオンバームルージュ(税込638円)のアールグレイリーフで、ブラウンリップに。目元をふんわり仕上げる分、口元を引き締めて顔全体のバランスを取りましょう。



アイシャドウを明るい色だけにすると、マスクをしても顔色が華やかな印象にすることができますよ♡



ettusais(エテュセ)で儚げドーリーメイク




illustration by machi



大人気のリッププランパーやマスカラベースなど、かわいいだけではなく高機能な名品が多いettusais(エテュセ)。この春の新製品には普段とは印象がグッと変わる、“儚げメイク”にぴったりのアイテムが盛りだくさんです。



儚げな印象に欠かせないのが、テカリのないつるんとした肌。



下地のフェイスエディション(スキンベース)フォーオイリースキン(税込1980円)は、そんなテカリを抑えてくれるだけでなく、毛穴も目立ちにくくしてくれます。ほんのりオレンジの下地液は、顔色を明るくしてくれるコントロールカラーの役割も。



部分的なテカリが気になる方には、フェイスエディション (プライマー)フォーオイリースキン(税込1320円)がおすすめです。



テカリのないつるんとした肌の準備ができたら、光を集めたい場所にフェイスエディション (カラースティック)01. ハイライト(税込1980円)をポンポンと伸ばし、自然な輝きをプラスしましょう。



くすみラベンダー・青みピンク系で目元と口元をリンク



アイメイクはアイエディション (リキッドカラー)03. プリズムモーブ(税込1430円)で、生感のある輝きと透け感を演出。おしゃれで抜け感のある目元になれちゃいます。



リップは青みピンク系でパープルの目元とリンクさせると、儚げで涼しげなドーリーな雰囲気に仕上がりますよ♡




illustration by machi



おしゃれ顔を目指すなら、ブランドを統一してメイクしてみるのもアリ。優秀プチプラブランドで、「なりたい」を一気に叶えちゃいましょう!



カテゴリ