高山みなみ、延期経ての『コナン』封切りに2度涙「1年分の思いがあふれてしまった」

高山みなみ、延期経ての『コナン』封切りに2度涙「1年分の思いがあふれてしまった」

 声優の高山みなみが6日、都内で行われた人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版24作目『名探偵コナン 緋色の弾丸』(16日公開)完成披露舞台あいさつに登壇した。



【写真】コナンの手を引きながら登場した高山みなみ



 イベント開幕にあわせて、手紙を読み上げた高山は、昨年公開予定だった本作の延期について「原作者の青山剛昌先生をはじめ、キャスト、スタッフ一堂、とてつもなく苦しい判断でした」と回顧。「なぜならそれは、毎年、本当に映画を楽しみにしてくださっているコナンファンのみなさまの思いを知っているからです」と紡ぐと思わず涙が。



 「そして、2021年4月、いよいよ届けられるときが来ました。1年間、コナンファンのみなさまが待っていてくださったからこそ、この日を迎えることができています。あなたに見ていただいて、初めて完成するものです」とメッセージを伝えた。



 その後のトークセッションでは「開幕宣言の原稿をいただいたときに『これは読めない。無理でしょ。泣くでしょ』と思っていたんですけど…。我慢していたんですけど、1年分の思いがあふれてしまって。江戸川コナンは泣かないけど、高山みなみは泣くので」と再び涙を流した。



 この日は、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一、日高のり子、森川智之、浜辺美波も登壇した。



 今作では、世界を巻き込んだ未曽有の大事件を解決するために、劇場版には20作目の『純黒の悪夢(ナイトメア)』以来の登場となる“FBI捜査官で射撃の名手”である赤井秀一、赤井の弟である“7冠を達成したプロ棋士”羽田秀吉、妹である“女子高生探偵”世良真純、そして3人の母親で“領域外の妹”と名乗る謎に包まれた女性・メアリーが集結する。
カテゴリ