松本隆、作詞活動50周年トリビュート盤7・14発売 亀田誠治プロデュースで宮本浩次ら参加

松本隆、作詞活動50周年トリビュート盤7・14発売 亀田誠治プロデュースで宮本浩次ら参加

 作詞家の松本隆氏(71)が作詞活動50周年を迎えたことを記念し、7月14日にトリビュートアルバムの発売が決定した。サウンドプロデュースとアレンジを亀田誠治が手がけ、第1弾参加アーティストとして池田エライザ、GLIM SPANKY、DAOKO、三浦大知、宮本浩次の参加が発表された。



【写真】トリビュート盤参加の5アーティスト



 1970年に伝説のロックバンド「はっぴいえんど」のドラマーとしてデビューして以来、これまで400組近くのアーティストに2100曲以上の歌詞を提供。シングルの総売り上げはおよそ5000万枚、ヒットチャート1位を記録した楽曲は50曲以上と、松本隆氏の言葉は多くの人々の心にさまざまな風を吹かせてきた。



 今回の企画では、日本の音楽史に数々の金字塔を打ち立ててきた松本氏の作詞活動50周年を記念し、幅広い世代のアーティストが時を越えて愛される松本作品をカバー。プロジェクトは2019年末からスタートし、昨年のコロナ禍によりアーティストブッキングや制作スケジュールが大きな影響を受けたが、同年11月からついにレコーディングがスタート。現在も7月の発売に向け順調に制作が進行している。



 参加が発表された5組のアーティストは、自身も松本氏を敬愛してやまないプロデューサーの亀田による指名。その中で、1984年に呉田軽穂(松任谷由実のペンネーム)が作曲した薬師丸ひろ子のヒット曲「Woman“W の悲劇”より」 を池田エライザがカバーすることが発表された。本日よりそのレコーディング映像がアルバム特設サイトで公開されている。



 その他のカバー楽曲は今後明かされる予定で、追加の参加アーティストも随時発表されていく。アルバムの初回限定生産盤にはCD・LPに加え、松本氏が歌詞を提供したアーティストとの対談やソロインタビューのほか、楽曲をイメージした撮り下ろしグラビア、描き下ろし短編漫画、さまざまな切り口で松本氏の詞の世界を表現したコラムなどで構成される100ページ以上の雑誌仕様の豪華特典本が封入される予定。
カテゴリ