「これからも一緒にいたい」男性が大切にしたくなる女性の特徴

「これからも一緒にいたい」男性が大切にしたくなる女性の特徴

大好きな彼から「ずっとそばにいたい」「浮気しちゃダメだよ」なんて言われて、ぎゅっとされたい!


そんな願望を持っていませんか?


今でも仲良しな彼だけど、「もっともっと愛されたい!」と思っている女性のために、彼から深く愛される女性の特徴を4つ紹介します。




「それがいい!」と、自分を尊重してくれる


大好きな人が自分を特別扱いしてくれたり、自分の意見を尊重してくれたりすると嬉しいですよね。


それは彼も同じこと。


特別感を出されると、自分のことを大切にしてくれる感じがして、とても幸せな気持ちになるはず。


尊重の仕方のポイントとしては、彼の言葉に同意するときに「大丈夫だよ」や「それでいいよ」などと言わないこと。


その代わりに「それがいい」「それがしたい」を積極的に使いましょう!


「それが」と言葉の範囲を狭めることで、彼の言葉を尊重しながらも前向きさが伝わります。


自分の意見を尊重してくれて、前向きに楽しもうとしてくれる人とは長く一緒にいたいと思うもの。


ぜひ彼の意見を尊重する場合は、「それでいいよ」ではなくて「それがいい」と伝え、その先を楽しむようにしましょう。


もちろん尊重できないときは、無理に「それがいい」などと言うのはNG。


自分の意見をきちんと言える関係性にしたいですね!


「D言葉」を使わないようにする


本当は自分が失敗したのに、それはやんわりと伏せて、ただただ慰めてほしいと思うことってありませんか?


「ああ、やっちゃった。私ってダメだな」モードのときに、「だから言ったじゃん」と言われでもしたら、もう2度とその人に相談したくなくなりますよね。


ダメダメモードのときは、味方になってくれる人に頭を撫でてほしいもの。


そういうときにかけてほしい言葉やNGワードを、愛され女子は自然と理解しているのです。


普段から、「だって」「だけど」「だったら」「でも」「どうせ」といったダ行の言葉(D言葉)を使わないようにしましょう。


D言葉は、言葉の強さによって卑下にも威圧にもなりますが、どちらにせよ否定のニュアンスを含んでいて、相手にあまり良い印象を与えません。


この「否定のニュアンス」が曲者で、これを感じ続けると、「相手を信用しないほうがいいのかな?」と距離を置いてしまいやすくなるのです。


普段からD言葉はあまり使わないようにして、彼の味方感を出していけるようにするといいでしょう。



中身だけでなく外見も重要


なんだかんだいって、人は自分が思う「かわいい女性」や「カッコいい男性」が好きなもの。


見た目なんて気にしないと言いつつ、100%気にしない人はそうそういないですよね。


だからこそ、彼に「見た目も大好き」と思われる彼女は、彼にとってかなり特別な存在だといえます。


ここでポイントなのが見た目「も」大好き、ということ。


中身もだけど、見た目も好きなんですね。


普通に仲良く付き合えていれば、基本的にもう中身はOKなはず。


それプラス、付き合い始めの頃の緊張感を忘れないように、自分磨きにも気を配っていくともっと彼に愛されるかも。


本気でぶつかってみて


仕事でも友達関係でも、本気でぶつかってきてくれた人には本気で対応しないと、と思いますよね。


とくに恋愛では、相手の本気度に押されて相手を好きになることは、よくあること。


たとえ浮気心が疼いても、「こんなに本気で思ってくれる子を傷つけられない」と踏みとどまってくれる可能性も。


逆に浮気性の相手と付き合っている場合は「どうせ相手も浮気してるし」と、浮気へのハードルが低くなりやすいのです。


とはいえ「本気さ」は「重さ」と紙一重。相手に寄りかかってしまうと、「本気」が「重い」に変わってしまう場合もあるので気をつけたいですね。


(なつくま/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ