TikTok×東宝、新たな才能発掘へ 北村匠海が公式アンバサダーに就任

TikTok×東宝、新たな才能発掘へ 北村匠海が公式アンバサダーに就任

 ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と東宝がタッグを組み、将来性・ポテンシャルのあるクリエイターを発見し、育成をサポートして、未来の映画業界を盛り上げることを目的とした新しい映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」を開催することになった。同映画祭の公式アンバサダーに、俳優・歌手の北村匠海、審査員には三池崇史監督、山田智和監督、しんのすけ(TikTokクリエイター)が就任。今月12日より動画作品の公募を開始する。



【Tik Tok動画】北村匠海から公式アンバサダー就任のあいさつ



 アドビが同映画祭の協力企業として、参加者全員に編集ワークショップとAdobe Stock無料素材の提供を、そしてファイナリストにはAdobe Creative Cloudコンプリートプラン(12か月版)の無料提供などの支援を提供する。



 スマートフォンの普及に伴い、さまざまなソーシャルメディアで良質な動画コンテンツを誰もが手軽に作成・視聴できる時代となった。そんな中、“縦型動画”にはまだまだ開拓の余地があり、新しい映像世界を作り広げていく可能性があると注目。スマホを持つすべての人が募集対象であり、グランプリ受賞の可能性がある本映画祭を通じて、世界中・日本中から新しい才能の発掘を目指す。



 応募方法はハッシュタグ「#TT映画祭2021」を付けてTikTokに動画を投稿するだけ。グランプリ受賞者(団体も可)には東宝プロデュースによる新作映像の制作権利及びその制作補助費のサポートが受けられるチャンスもある。



■特設ページURL

https://activity.tiktok.com/magic/page/ejs/606d26a51d06d202cf5cab94?appType=aweme



■公式アカウントURL

https://www.tiktok.com/@ttff_2021
カテゴリ