もう限界…!彼氏との恋愛に見切りをつけようと思ったとき3選

もう限界…!彼氏との恋愛に見切りをつけようと思ったとき3選

好きで付き合ったはずの彼氏なのに、だんだんと嫌な部分も見えてきてしまって……。


そんな悩みを抱えている女性の皆さんもいらっしゃるでしょう。


ちょっとしたことなら我慢できそうですが、ある日「もう限界……!」と思うような日がくるかも。


今回は「彼氏との恋愛に見切りをつけようと思ったとき」を紹介します。


次のページから、詳しく見ていきましょう。



「都合のいい女」扱いされていることに気づいたとき


「いつも『愛してる』『いつか結婚しよう』とささやく彼が大好きでしたが、偶然スマホ画面に表示されたメッセージでほかに本命彼女がいることがわかったんです。私は都合のいい女だったんだと気づき、自分から連絡を絶ちました」(26歳/事務職)


彼からの愛情が偽物だったと気づいたら、ズルズルとつづく関係に貴重な時間を費やすのはもったいないので、一度リセットしてみるのもありでしょう。


そこで、「離れてみて初めて彼女の大切さに気づいた」と追いかけてくる男性もいるようです。


彼氏に同情せずに自分の気持ちを尊重して、ときには「ご縁がなかった」と割り切ることも大切でしょう。


お金の価値観があまりにも合わなかったとき


「細かい部分までよく気がつく人柄に惹かれ、彼と付き合い始めました。彼にばかりデート代の負担をかけないよう『私にも出させて』と言ってからは、毎回のデートで1円単位まで請求されてドン引きですよね。別れを告げたカフェでは、あてつけに私が全額出してやりましたよ」(29歳/歯科助手)


「おおらかで男らしい彼は、付き合ってみるとお金に超ルーズ。『財布を忘れた』が口癖で、ごちそうになった記憶はほとんどありません。ギャンブル依存とかお金にだらしない面が直らなかったので、貸したお金を手切れ金代わりにお別れしました」(25歳/銀行員)


金銭感覚の違いは、女子が別れを意識する大きな要素のひとつ。


ほどよいバランスが大切で、ケチすぎてもルーズすぎてもいけません。


また、「おごられて当然という、彼女の態度も問題がある」という男性側の意見もあります。


毎回きちんとお礼を伝えるという最低限のマナーは、どんなに付き合いが長くても守りましょう。


何度も嘘をつかれたとき


何度も嘘をつかれたとき


「ふたりの合意の上で、行かないと約束してた彼の集まりがあったんです。それに彼が隠れて参加していたことがわかって……。初回とそのあとのもう1回は許しましたが、仏の顔も三度まで。『嘘を重ねる男は今後何も信用できない!』と突っぱねて別れました」(25歳/研究職)


彼が約束を破ったときや何度も嘘をついたときなども、女性が付き合いを見直すタイミングです。


ただし、男性意見として「彼女のことを思ってつく優しい嘘もある」とのこと。


頭に血が上りそうになる気持ちもわかりますが、どうか冷静になって彼の言い分を聞いてあげる余裕も大事でしょう。


そのあと許すか許さないかは、しっかりとあなたが見極めてください。


彼氏としっかり話し合って


女性関係、金銭感覚、嘘つき。どれも彼氏との恋愛に見切りをつけたくなる問題ですよね。


どんなに好きな彼氏でも、自己犠牲のしすぎはストレスのもと。


どこまでが許容範囲かを自分で考えたり、身近な友だちに相談したりも大切です。


限界がくる前に、彼氏としっかり話し合えたらよいでしょう。


(愛カツ編集部)



カテゴリ