【鎌倉殿の13人】三谷幸喜氏、4・15発表予定のキャストを似顔絵で暗示

【鎌倉殿の13人】三谷幸喜氏、4・15発表予定のキャストを似顔絵で暗示

 俳優の小栗旬主演で、三谷幸喜氏が3作目のNHK大河ドラマを手掛ける2022年『鎌倉殿の13人』の公式ツイッターで9日、「0415」と数字だけの画像と、「八重」「上総広常」「後白河法皇」の名前が書かれた画像が相次いで投稿され、4月15日に第二次出演者発表を行うことが明らかになった。その約10分後には、三谷氏が3人のキャラクターについて似顔絵を書きながら説明する動画もアップされた。



【動画】ツイッターに投稿された三谷幸喜氏の告知



 “主人公・北条義時(小栗)の初恋の人”にして、源頼朝(大泉洋)にも愛される「八重」は、「ドラマチックな人物。スリリングなキャラクター。義時にも頼朝にも愛されたクレオパトラのような人」。



 上総・下総(現在の千葉県中~北部)に領地を持つ豪族で、源頼朝の挙兵に応じた“坂東(関東)の巨頭”「上総広常」は、「あまり知られていない方。鎌倉幕府を作ったのはこいつではないか、と言ってもいいくらいなのに、歴史に残っていないのはなぜなのか、というところも楽しんでもらいたい」。



 平清盛に幽閉されて院政を停止され、源頼朝に助けを求める“日本一の大天狗”、「後白河法皇」は、「『スター・ウォーズ』でいうところのレイア姫。ダース・ベイダーである平清盛に対し、ルーク・スカイウォーカー的な頼朝に助けを求める」と、説明した。



 最後は「来週のキャスト発表お楽しみに」と結んでいる。
カテゴリ