田中れいなが舞台降板 所属事務所「制作側との考え方の相違が生じたため」

田中れいなが舞台降板 所属事務所「制作側との考え方の相違が生じたため」

 元モーニング娘。で女優の田中れいな(31)が、ヒロインを務める予定だった舞台『剣が君 ―残桜の舞―再演』(東京・こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ 6月2~6日)を降板することが9日、発表された。代役は、元アイドルグループ・こぶしファクトリーの浜浦彩乃(20)が務める。



【動画】昨年開催…再演予定だった『剣が君』公開ゲネプロの模様



 舞台公式サイトでは「この度、香夜役の田中れいなさんは諸事情により、やむを得ず降板することとなりました」と報告。「降板にあたり、公演を楽しみにされていたお客様にはご心配、ご迷惑おかけ致します事を、 心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。



 香夜役には、新たに浜浦彩乃が出演するとし「出演者・スタッフ一同、初日に向けて全力で稽古に邁進致します。皆様には どうか変わらぬご声援を賜りますよう心よりお願い申し上げます」とコメントした。



 田中の所属事務所もサイトを通じて「出演を予定しておりました、舞台『剣が君-残桜の舞- 再演』におきまして、このたび、公演を健全かつ円滑に進めるにあたって、舞台制作側との考え方の相違が生じたため、両社協議の結果、大変遺憾ではございますが、事務所の判断で降板することといたしました」と説明。



 「出演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑とご心配をおかけ致しますが、何卒、ご理解ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます」と呼びかけている。
カテゴリ