アミューズ次世代“ハンサム”俳優がバンド、ラップ、ダンスで魅せる 藤原大祐「うちわが増えた」

アミューズ次世代“ハンサム”俳優がバンド、ラップ、ダンスで魅せる 藤原大祐「うちわが増えた」

 アミューズの次世代を担う若手俳優・小関裕太、渡邊圭祐ら14日が9日、都内のTOKYO DOME CITY HALLでファン感謝祭ライブ『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2021 “OVER THE RAINBOW”』(3日間計6公演)の初日を迎えた。



【ライブ映像】アミューズ若手俳優が歌とダンスで魅了!『ハンサムライブ』の模様



 2005年からスタートし、16年目を迎えた恒例のファン感謝祭、通称『ハンサムライブ』は、アミューズ若手俳優たちが歌、ダンス、ミュージカルなどでファンに直接感謝を伝えるライブイベント。これまでに三浦春馬さん、佐藤健、賀来賢人、神木隆之介、吉沢亮ら数々の人気俳優が参加してきた。



 今回出演するのは、石賀和輝(24)、太田将熙(26)、甲斐翔真(23)、小関裕太(25)、鈴木仁(21)、富田健太郎(25)、新原泰佑(20)、兵頭功海(22)、福崎那由他(19)、藤原大祐(17)、細田佳央太(19)、松岡広大(23)、溝口琢矢(25)、渡邊圭祐(27)の14人(溝口は4月9日夜公演、11日夜公演のみ出演)。オープニングは「New Beginning」で幕を開けると、序盤から汗だくの全力パフォーマンスで全員曲を4曲ノンストップで披露した。



 MCを務めたのは細田と福崎。25日スタートのTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』の役作りのため丸刈りにした細田は「TOKYO DOME CITY HALLに『ハンサム』が帰ってまいりました! 役で短髪にし、13キロも増量してきました」と報告し、ファンを驚かせた。昨年8~9月にかけて読売テレビ・日本テレビ系で放送されたドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』で人気急上昇中の藤原は「聞いてください! 1~4曲目まで全部、痰がからんでいました。歌のユニットに入っているのに、歌が歌えませんでした!」と元気いっぱい。新人ハンサムの新原は「新人なりに全力で頑張っていきます」、兵頭は「新しい風を吹かせられるように頑張ります」と初々しく意気込んだ。



 ユニット曲パートでは、石賀、小関、藤原(および溝口)が「ねぇ神様お願い」を歌い上げ、富田、福崎、兵頭は「強走」でラップを披露。ダンススキルの高い太田、新原、松岡の3人は「Dress Up」をスーツ姿で激しく踊った。ハンサムライブで初挑戦となったバンドでは、甲斐がボーカル、鈴木がギター、渡邊がベース、細田がドラムを担当し、「SEIZE THE DAY」を演奏。曲中には渡邊がラップで甲斐に絡み、鈴木はギターソロでも魅せた。



 今回のライブの見どころの1つが、回替わりで演奏曲とパフォーマンス曲を変える「シャッフルコーナー」。初日の昼公演では、石賀、兵頭、藤原、松岡の4人で真っ赤な照明の中、「Secret Kiss」を情熱的にパフォーマンスした。会場のファンは声を出せない代わりにブレスライトを激しく振って盛り上げていた。



 アンコールを含めて全23曲を披露。メンバーは一人ひとり、観客と配信視聴者に感謝を伝え、1公演目で体力を使い果たしたほど全力でパフォーマンスしたという小関は「もう息が入ってこないくらい全力でやりました。皆さんにとっていい時間になっていたらうれしいです」と笑顔。



 藤原は「初日を迎えられて本当にうれしいです。『大祐』『たいゆ』というすごくたくさんのうちわが見えています! 去年よりさらに増えています!」と無邪気にアピールすると、先輩ハンサムたちは「えぐいな、今の」「ごつい後輩出てきたな」とツッコミを入れ、会場は和やかな雰囲気に包まれた。



 このライブイベントは、9日夜、10日昼・夜、11日昼・夜にも同所で行われる。

カテゴリ