内面の美しさもポイント!男性から好印象な「女性の言葉遣い」とは

内面の美しさもポイント!男性から好印象な「女性の言葉遣い」とは

恋愛において、もちろん見た目も大切な要素ですが、内面の美しさもポイントになるようです。


どれだけ美しい女性でも、性格がよくなかったり、マナーが悪かったりすると残念ですよね。


内面のなかでも今回は、男性から好印象な「女性の言葉遣い」にフォーカスして解説していきます。




ポジティブな言い方


「元カノとごはんを食べに行くとき、『どこいく?』と聞いたら『この前一緒に行ったお店でいい』と言われて、ショックを受けたことがあります。


でも、今の彼女はごはんを食べに行くとき、『○○に行きたいな』『○○がいい!』と前向きな感じで話してくれます。僕との時間を楽しんでくれていることが伝わってくるのでうれしいです」(25歳/製造業)


「~でいい」と言われると、仕方ない、それでもかまわないなどの妥協しているように聞こえ、あまり気持ちの良い返事ではありませんよね。


質問した男性を、不快な気持ちにさせてしまうかもしれません。


たった一文字変えて、「~がいい」と言うだけでがらりと変わり、ポジティブな印象になります。


言葉で損をしないためにも、細かいところは気をつけたほうがいいかもしれません。


やわらかい語尾


「女性と初めて会話をするとき、言葉遣いがやわらかいと、良い印象を受けます。逆にガサツな印象の言葉遣いの女性には、ちょっと引いてしまうかも」(27歳/医療系)


たとえば、「〇〇に行きたい」より、「〇〇に行きたいな」と言うだけで、女性らしくやわらかい印象に聞こえます。


使い方は簡単!「な」「ね」「の」「よ」などの言葉を語尾につけるだけです。


それだけで、ぐっと女性らしい丁寧な言葉に聞こえますよ。


これらは、男性に甘えたいときにもおすすめ。


女性からするとそれぐらい……と感じるかもしれませんが、男性は女性以上に細かいところを気にしているようです。



丁寧な言葉遣い


「『こいつ』『うまい』などの言葉遣いの女性は、恋愛対象として見られません。やはり女性には、きれいな言葉を使ってほしいです」(29歳/食品メーカー勤務)


「マジ」「うまい」「こいつ」「やばい」など、ガサツに感じる言葉が広まり、このような言葉を使ったことがある女性もなかにはいますよね。


しかし、多くの男性は、これらの言葉を女性には使ってほしくないようです。


会話で好感度を上げたい、女性として見てほしいと思うなら、これらの言葉遣いは控えたほうが良さそうです。


すぐに直すことは難しいかもしれませんが、日々意識して言い換えてみるといいですよ。


好印象な言葉遣いを


男性は、女性が思うよりも言葉遣いに対してシビアなよう。


女性には女性らしい、丁寧でやわらかい雰囲気の言葉を使ってほしいと思っているみたいです。


言葉遣いが雑なせいで、恋愛のチャンスが遠ざかってしまってはもったいないですよね。


普段から気をつけて過ごしてみてくださいね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ