ぼる塾・田辺、赤井秀一に変身 『コナン』に出会い「人生が輝きだした」 海外へ聖地巡礼も

ぼる塾・田辺、赤井秀一に変身 『コナン』に出会い「人生が輝きだした」 海外へ聖地巡礼も

 アニメ映画「劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』」が16日に公開されることを記念して、ファッション誌『CanCam』(小学館)6月号にスペシャル付録として映画のキーパーソン・赤井秀一の「加湿ペーパー」が付いてくることが12日、わかった。また、同号では、お笑い芸人のぼる塾・田辺智加が、赤井のトレードマークであるニット帽にライダーズジャケット、カーリーな前髪の“赤井の女ルック”に変身して熱いコナン愛を語っている。



【写真】女性を虜にする赤井秀一 クールに描かれた付録の加湿ペーパー



 コナン好きになった経緯は、友人に誘われて映画館で観た2018年の劇場版『ゼロの執行人』だと告白。以来、「人生が輝きだした」という田辺は、前作『紺青の拳』の鑑賞後、当時芸人としての給料が数千円しかなかったにも関わらず、映画の舞台シンガポールに聖地巡礼の旅へ行き、バイトのシフトを増やして「苦手だった貯金もコナンのために頑張れました!」と打ち明ける。



 推しキャラについては、「自分はキッドの女と言っていますが、安室さんのことも好きですし…誰“推し”ですか? と聞かれるのがいちばんつらくって。最新作を観たらまんまと、やっぱり赤井さんもかっこいいよね、ってなっちゃいましたし(涙)」と、魅力的なキャラクターたちに揺れる女心を同誌で語る。



 なお、渋すぎるFBI捜査官・赤井は、編集部によると「CanCam読者にもとっても人気のある推しキャラ」と説明。付録の赤井・加湿ペーパーは、コップに水を入れて浸すだけで、湿度をアップし、紙と水だけと電源いらずのエコなつくりになっている。また、ファンにとってうれしい原画を使用したレア仕様で、コップのフチにぐるっと配された赤井が、ぐんぐん水を吸い込んで読者の“乾燥”を守る。
カテゴリ