アクション女優が撮影現場から異世界へ、韓国映画『スレイト』6月公開

アクション女優が撮影現場から異世界へ、韓国映画『スレイト』6月公開

 『キル・ビル』のユマ・サーマンをほうふつとさせる韓国ガールズアクション映画『スレイト』。タイトルの「スレイト(slate)」とは、英語で「カチンコ」のこと。2020年東京国際映画祭でも話題となった韓国発のエンターテイメント・アクション映画が、6月25日より、シネマート新宿(東京)、シネマート心斎橋(大阪)で公開決定。そのほか、京都みなみ会館(京都)、千石劇場(長野)などで上映が決定している。このたび、アクション女優が撮影現場から異世界(パラレルワールド)のヒロインとなる本作の特報と主演アン・ジへのコメントが届いた。



【動画】映画『スレイト』特報



 本作のチョ・バルン監督がスタント無しでアクションを自分でやれる女優を探していたところ、「アクロバティック、剣術、弓、乗馬、ダンス、器械体操など、アクションに関する全てをこなすことができる」と自信を示すアン・ジヘと出会い、彼女がアクション練習をしているビデオを見て、本作の出演オファーに至ったという。監督お墨付きのアン・ジヘのアクションが最大の見どころとなっている本作。特にクライマックスのアン・ジヘによる超絶な剣術対決シーンは必見だ。



 主演を務めたアン・ジヘは「チョ・バルン監督と出会ってから、私が演じたヨニと過ごした日々は、今でも私にとっては白昼夢のような時間です。ヨニというキャラクターに対する情熱が、彼女と一緒に成長するための私のモチベーションになりました」と、コメント。



 彼女のほかに、村を守ろうとした領主の父親が唯一の弟子・フィリップに殺されたため、若いながら、領主の役目を継ぎ、鬼剣に村を守るようお願いするキム・ジナ役をドラマ『100日の朗君様』がケーブルテレビでは異例の大ヒットを記録したイ・ミンジ、フィリップ役を『BODYGUARD』、『OKMADAM』と出演作が続くパク・テサンが演じる。



■ストーリー

 幼い頃からアクションスターになることを夢見ていたヨニ。卓越した剣術を持っているにもかかわらず、なかなか役者として芽の出ない日々を送っていた。ある日、アクション映画のスタント役として雇われて撮影現場に入ると、そこは無法地帯のパラレルワールドで、人々が剣を持ち、何の報いもなく殺し合いをしていた。撮影と間違えて敵を倒していくヨニの姿を見た村人たちから村の守護者として迎えられ、尊敬されるようになる。そしてヒロインとして村人を救うために、彼女は悪者たちに反撃を開始する。

カテゴリ