コロナ禍で仕事激減のアイドル、サバイバル動画でブレイク 長濱ねる驚き「自分も何か見つけたい」

コロナ禍で仕事激減のアイドル、サバイバル動画でブレイク 長濱ねる驚き「自分も何か見つけたい」

 13日放送のカンテレ・フジテレビ系ドキュメントバラエティー『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)では、YouTubeチャンネル登録者数35万人で、若い女性らしからぬ過酷なサバイバル動画で人気急上昇中のサバイバルアイドル・かほなんに密着。サバイバル生活ができるアイドル=「さばいどる」を自称し「無人島を買って、そこで暮らすこと」が目標だと明かす、かほなんの“7つのルール=こだわり”に迫る。



【写真】グループ卒業以来、初メディア出演!長濱ねるの最新撮り下ろしショット



 かほなんは食糧を現地調達する“ひとりキャンプ”から、重機を使った森の開拓まで、大自然を舞台に撮影した動画を配信している。小柄で華奢(きゃしゃ)な見た目とは裏腹な、ハイレベルのサバイバル動画が人気を集め、コロナ禍のおうち時間増加やアウトドアブームとの相乗効果で、YouTubeの登録者数は右肩上がりに増加した。



 岐阜県に生まれ、アウトドア好きの両親のもとで育ったかほなんは、夏は虫やカエルを捕る活発な幼少期を過ごした。「地元を元気にしたい」と10代半ばで東海地方のご当地アイドルとしてデビューしたが、コロナ禍で仕事が激減し、月に10本程あったライブがゼロに。「ライブができないなら、その熱量で動画制作を頑張ろう」と独学で映像編集を学び「ピンチをチャンスに変える」ため、サバイバル動画制作に専念する道を選んだ。



 番組では、山をレンタルして自ら切り開いた「秘密基地」と呼ぶYouTubeの制作拠点、サバイバル動画の撮影現場や休日にも密着。たったひとりで山に入り、“ブッシュクラフト(自然環境における生活の知恵)”の実践動画を撮影する日々だけでなく、ファンとのユニークな交流でサバイバル術を磨く姿や、休日に足しげく通うというお気に入りの場所での過ごし方を映し出す。



 スタジオでは、かほなんの「本気」を目の当たりにした出演者から感嘆の声が上がり、YOUは「感心しかしない…」と驚き、青木崇高は「タフ~!」と絶句。尾崎世界観は自分で道を切り開く姿に共感する。長濱ねるは「YouTubeやってないとつながれない」と、かほなんとコラボする世代の異なる世界的職人に驚きを見せ「自分も何かを見つけたい」と意欲を語る。一方、ゲストのアルコ&ピース・平子祐希は「自分のYouTubeチャンネルがめちゃくちゃ恥ずかしくなった…」と思わず反省する。
カテゴリ