究極のさつまいもモンブランはマスト。タイムスリップ気分が楽しめる文化財カフェが千葉県・佐原にオープン


江戸時代にタイムスリップしたような、千葉県香取市の「佐原商家町ホテル NIPPONIA」に、この春、文化財カフェがオープン。



地元のサツマイモが使われた、究極の自家製モンブランがお目見えしましたよ。



文化財にオープンした「VMGカフェ」



千葉県・佐原は、江戸時代に利根川水運を活かし繁栄した商家町。



重要伝統的建造物群保存地区に指定され、江戸時代から続く大祭はユネスコ世界無形文化遺産に登録されています。



「佐原商家町ホテル NIPPONIA」は、佐原の町をゆるやかにひとつのホテルと見立て、築200年超の商家など11の棟が点在するエリアなんです。





敷地内に今年3月オープンした「VMGカフェ」は、町の情緒を感じさせてくれる文化財カフェ。





カフェがある「中村屋商店 GEISHO棟」は、1855年(安政2年)に建てられた歴史ある建物で、県指定の文化財でもあるそうですよ。



究極のさつまいもモンブランが気になる



趣のある雰囲気の「VMGカフェ」では、自然・健康志向の高いティーブランド「Mighty Leaf」の紅茶や自家製モンブランを楽しむことができるんです。





『自家製さつまいもモンブラン』(税込1,200円/ドリンクセット税込1,800円)は、地元・千葉県産のサツマイモが使われた究極の出来たて“生絞りモンブラン”です。





オーダーしてから絞られる、絹糸のようなモンブランクリームは、甘みの強い地元・香取産の「紅はるか」を使用。



香ばしく焼き上げられたパイ生地のサクサク感×なめらか生クリームとのマリアージュを楽しんでくださいね。





サツマイモ生産量、第3位の千葉県ならではのモンブラン。



サツマイモの種類は季節によって変わるそうなので、今後のラインナップも楽しみですね。



タイムスリップ気分が味わえる「佐原商家町ホテル NIPPONIA」は、小旅行にもぴったり!



「VMGカフェ」の営業時間は13時から18時までなので、散策の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょう。



佐原商家町ホテル NIPPONIA 公式サイト

https://www.nipponia-sawara.jp/



カテゴリ