一気に恋愛対象外…男性が「この子、おバカすぎる…」とドン引きした瞬間

一気に恋愛対象外…男性が「この子、おバカすぎる…」とドン引きした瞬間

少し天然で抜けている女性って、可愛いですよね。


でも、それが度を越すと、男性にガッカリされてしまうみたい。


どれだけ仲良くなっていたとしても、一瞬で恋愛対象外になってしまうこともあるんだとか。


今回は、男性が「この子、おバカすぎる…」とドン引きした瞬間をご紹介します。



人の気持ちを考えずに発言する


「平気で人の容姿や趣味をディスる子はムリですね。どんなにかわいくても『人の気持ちを考えられないおバカさんなんだな』と引いてしまいます」(32歳/商社)


いくら勉強ができても、人の気持ちが考えられない子とはあまり一緒にいたくないですよね。


百歩譲って素直に謝ることができるならまだしも、相手がなんで傷ついているかわからないとなると、性格に難アリと判断されてしまうでしょう。


ついマウントを取ってしまう、場を盛り上げるために過激なことを言いがち……なんて女性は自ら価値を下げているかも。


口に出した言葉は消せないので、少し慎重になりたいですね。


何度も同じミスを繰り返す


「何度注意しても同じミスをする子。こっちもさすがにイラっとしますよね……。おバカというか、そもそも覚える気がないんだろうなと呆れます」(28歳/カフェ店員)


誰にだって間違いはありますよね。


しかし何度も同じミスを繰り返すのはアウトでしょう。


とくに仕事だと、責任を取るのは上司や先輩です。


これはもう「仕方ない」では済まされなくなりますよね。


きちんとメモを取る、復習する、どうしてもわからなかったら事前に周囲に聞くなど、できないなりの対策は取るべきでしょう。


LINEが読みにくい


「普段の会話は普通なのに、LINEで誤字脱字が多かったり『ぢゃん』『わら』ってメッセージが届くと『あれ?』ってなる。


じつはおバカなのかなと思っちゃいますね」(34歳/エンジニア)


直接会ったときは好印象でも、LINEのやり取りによってはマイナスイメージを持たれてしまうこともあります。


とくに、誤字脱字があまりにも多いと、「送るときに見返さないのかな?」と引かれがち。


また、無理に小文字を使ったり、日本語がたびたび間違っていたりすると、どうしてもおバカっぽく見えてしまうよう。


堅苦しいLINEを送る必要はありませんが、できるだけ簡潔さを心がけたほうがいいかも。


そのほうが単純に読みやすいので、彼も返信しやすいはずです。


芯のある女性を目指して


あまりにも常識外れの言動が多いと、おバカ認定されやすいみたい。


いくらルックスがかわいくても、中身が残念と思われてしまうと、なかなか本命にはしてもらえないでしょう。


「あの子っておバカそうに見えて、なんだかんだしっかりしているよね」と思われるような、芯のある女性になりたいものですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ