伊豆の絶景カフェ「花の妖精」に熱海産の甘夏を使った新作パフェが登場!

伊豆の絶景カフェ「花の妖精」に熱海産の甘夏を使った新作パフェが登場!


ホテルニューアカオが運営する「Restaurant & Sweets 花の妖精」では、熱海産の甘夏を使った「甘夏と煎茶のパフェ」を、4月8日(木)より期間・数量限定で発売中!伊豆一の絶景カフェで楽しめる華やかな新作パフェをチェックしていこう。

季節のフルーツをたっぷり使用したパフェ



広大な相模湾と錦ヶ浦の断崖を窓越しに眺めながら、優雅なランチやティータイムを楽しめる絶景カフェ「Restaurant & Sweets 花の妖精」。店内ではランチにピッタリなイセエビカレーや、手作りスイーツを味わうことができる。


なかでもイチオシは、季節のフルーツを使ったこだわりのパフェ。旬のフルーツをふんだんに使い、パティシエが全て手作りしたソルベやスイーツを合わせたパフェは、季節ごとに変わり1年で約10種類が登場する。

甘夏とお茶の爽やかで奥深い苦みを表現


この度発売の熱海産の甘夏や静岡県産の煎茶・抹茶を使った「甘夏と煎茶のパフェ」1,540円(税込)は、甘夏とお茶の爽やかで奥深い苦みを表現した期間限定のパフェ。


柑橘のソルベや煎茶のソルベをはじめ、甘夏の焼酎マリネ、抹茶とヨーグルトのムース、抹茶のババロア、甘夏とエルダーフラワーのブランマンジェなどを重ね、グラスの一番下に忍ばせたライムとレモングラスのジュレで最後はさっぱりと仕上げている。


また、甘夏は、熱海・伊豆山地区で100年以上続く農家から仕入れたものを使用。作り置きはしておらず、新鮮な果実の美味しさを堪能することができる。

なお、来月からは「バラと木苺のパフェ」、続いて「グレープフルーツとライチのパフェ」などが登場予定なのでお楽しみに!


窓越しに見える錦ヶ浦の断崖と広大な相模湾の眺望を眺めながら、ゆったりと贅沢なひと時を過ごしてみては。

■「Restaurant & Sweets 花の妖精」
住所:静岡県熱海市熱海1993-65
カテゴリ