アリス・矢沢透、ラジオ通じ飲食業界盛り上げへ 経営者たちとチーム結成し支援訴え

アリス・矢沢透、ラジオ通じ飲食業界盛り上げへ 経営者たちとチーム結成し支援訴え

 3人組フォークグループ・アリスのドラマー矢沢透(72)が、飲食店を支援するため、飲食店経営者とともにチーム「オーナーズ・イレブン」を結成した。矢沢は、15日から東京・渋谷のコミュニティーFM「Cross-FM」で放送スタートする『ALICE矢沢透と飲食応援団!~美味しいものを食べにいこう~』のメインMCを務め、毎週ゲストとともにグルメトークを繰り広げて飲食業界を盛り上げていく。矢沢がラジオのパーソナリティーを務めるのは今回が初めてとなる。



【写真】3人で肩を組むアリス



 コロナ禍で飲食店は大打撃を受けている中、矢沢の呼びかけで飲食店の有志経営者11人がチーム「オーナーズ・イレブン」を結成し、飲食店の支援を訴えることになった。矢沢自身、東京・六本木の飲食店を経営しているだけに「思いは一緒、今は助け合い、みんなで一致団結して飲食店を盛り上げていくことが大切」と強調した。



 参加するメンバーは、居酒屋や焼肉店を始め、もつ焼き、イタリアンなどの店を全国展開している飲食のスペシャリストたち。和僑ホールディングス・坂田敦宏社長は「これまで特に交流はなかったが、今や飲食店にとっては有事の時。みんなでアイデアを出し合って、この危機を乗り切っていきたい」と力強く語った。



 今回、スタートする同番組は、その“盛り上げ”の第1弾。「飲食店の活気を取り戻すことができるのであれば、今の自分に出来ることで頑張っていきたい」と、矢沢自ら番組の仕切り役を買って出た。また「オーナーズ11人」の面々も出演し、飲食店の現状を訴える。今後はCDの発売やイベントなども計画しており、“グルメの完全復活”を図っていく。
カテゴリ