観測史上最速の開花で『ふじのはな物語~大藤まつり2021~』繰り上げ開催

観測史上最速の開花で『ふじのはな物語~大藤まつり2021~』繰り上げ開催


「あしかがフラワーパーク」は、例年より「大藤」の開花が早いことを受け、4月17日(土)から開催予定だった『ふじのはな物語~大藤まつり2021~』の日程を繰り上げ、4月15日(木)から開催する。

称賛される藤の幻想的な光景


「あしかがフラワーパーク」の「大藤」が、同園の観測史上最速の4月5日(月)に開花し、例年よりも10日程度早い開花日となった。見頃時期も早くなることが予想されるため、『ふじのはな物語~大藤まつり2021~』の日程を早めて開催する。


同園内には、樹齢160年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ「大藤」をはじめ、350本以上の藤が咲き誇る。


アメリカのニュースチャンネル・CNNからは、映画『アバター』に登場する魂の木のような幻想的な光景が広がると称賛され、『2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所』に日本で唯一選ばれている。

4色の藤が順番に開花


藤は一度に咲かずに順番で咲くので、約1カ月間楽しむことができるのもポイント。


例年の見頃は、さくら色の目映い藤「うす紅藤」が4月中旬~4月下旬頃、


栃木県指定天然記念物である「大藤」は、4月下旬~5月上旬頃、


同じく栃木県指定天然記念物の「白藤」は5月上旬頃で、長さ80mの白藤のトンネルは見事。


「きばな藤」は5月上旬~5月中旬頃が見頃。日本唯一のきばな藤のトンネルを見ることができる。

5000株以上のツツジも咲き誇る



また、世界中に分布し、園芸種も含めると1,000を超える品種が存在している「ツツジ」も、同園では5,000株以上が咲き誇る。明るい日差しの中で鮮やかな色彩の花が豊かに咲き誇る姿は眩しいほど。例年見頃は、4月中旬~5月上旬。

『ふじのはな物語~大藤まつり2021~』の開催期間は、4月15日(木)~5月23日(日)で、ライトアップ期間は4月17日(土)~5月16日(日)。営業時間は期間によって異なるので、公式サイトにて確認を。
カテゴリ