内田真礼、ラジオで念願の読み聞かせ「声優として初心や基礎にかえる」

内田真礼、ラジオで念願の読み聞かせ「声優として初心や基礎にかえる」

 声優の内田真礼が、TOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月~木 後1:00)内のコーナー「カワイ肝油ドロップ presents よ・み・き・か・せ」(午後2時半頃)で、19日から22日にわたって“読み聞かせ”を行う。



【場面カット】内田真礼が超ハイテンションキャラを演じる



 今回、内田真礼がよみきかせるのは『あそびたいものよっといで』『スパゲッティのぼうけん』『とうふこぞう』の絵本3冊。読み聞かせについて「絵本は自分でも(今でも)買ったりするくらい好きですが、よみきかせをする機会はなかなかなかったので、今回担当できてうれしいです。声優としてチャレンジしたかったお仕事のひとつです」と喜びを語った。



 内田は続けて「キャラクターもたくさんでてきて、ナレーションの部分と登場人物の読み分けが、声優として初心や基礎にかえるというか、幅を広げてくれる気がして、またやりたいなと思いました。心を込めてよみきかせたので、違った3冊を楽しんでいただけたらうれしいです」とアピール。絵本の思い出について「子どもの頃から絵本が好きで、お気に入りの本はちぎれるくらいまで読みました。持ち歩きたくて、大好きなページを破ってしまったことがあって、あとで戻らないと知って泣いた思い出があります」と明かしていた。
カテゴリ