押すべきか引くべきか、その恋愛を見極めるコツ

押すべきか引くべきか、その恋愛を見極めるコツ

恋をしているときは、冷静な判断がしづらくなるものです。


イケると思って猛烈にアプローチをしたら振られてしまったり、脈なしかもと半分諦めていた男性からじつは好意を持たれていたことをあとから知ったり……。


押すべきか引くべきなのかがその都度わかったら、もう少し恋愛が進展しやすくなると思いませんか。


今回は「押すべきか引くべきか、その恋愛を見極めるコツ」を紹介していきます。




彼のLINEから、押し引きを判断する


彼のLINEの文量と頻度から、自分の押し引きをどうするか判断できそうです。


多くの男性は気のない相手に対して、そうそう頻繁に連絡をするものではありません。


男性からLINEをもらうとき文量や頻度が多ければ、あなたも彼に合わせてみてください。


気をつけたいのはどんなに押すにしても、彼の文量や頻度を上まわらないことです。


片思いならあなたが追う側になるので、あまり連絡しすぎると彼の負担になり飽きられやすくなります。


もし定期的にLINEでやりとりをしていて彼の返信が遅くなったり文量が減ったりしても、「あれ……冷めちゃった?」と焦って連絡しないことが大事です。


また気遣いや駆け引きの意味でもLINEをしすぎてしまうと、なかなか恋が成就しない傾向にあります。


連絡したい気持ちをぐっと抑えて彼のLINEのペースに合わせてあげれば、ふと「合わせてくれてるのかな」「優しいな」と彼が気づいてくれることがあるかもしれません。


彼の仕事の繁忙期および閑散期を知る


彼の仕事の繁忙期と閑散期を知ることも大事です。


彼からのLINEが減ると「冷められた?」「飽きた?」と不安ですよね。


でももしかしたら、単に繁忙期でスマホを見る回数が減っているだけということもありえます。


想像を膨らませて焦ってしまってはあなたの精神衛生上よくありませんし、不安から逆にたくさん連絡して彼を困らせてしまうことにもなりそうです。


そうなる前にあらかじめ、彼が忙しいときはいつ頃で余裕があるときはいつ頃なのかを、会話の流れで聞いておくとよいでしょう。


もし彼の余裕があるときなら、普段よりちょっと多めに連絡しても大丈夫。


彼も時間や気持ちに余裕があるときのほうが恋愛に気が向きやすく、タイミング次第では食事に行けるなどふたりの距離が縮まることも十分あります。


相手が自分に好意を持っていそうなとき、あながたぐいぐい押したいのなら彼に余裕があるときにしましょう。



片思いなら、まずは少しでも押す


片思いなら、まずは少しでも押す


男性は女性に追われるより追いかけたい生きもの、と言われることがあります。


でもそれは、男性に気になる人ができた場合の話。もしあなたが片思い状態なら、まず少しは気持ちをアピールする必要があるでしょう。


男性によくある特徴なのですが恋愛対象の子で「自分に気があるかも?」と思った相手のことを、強く意識し始めるというものがあります。


とくに自分に気があるのかなと思いはじめた頃にスッと引かれた場合、「なんでかな?」と急に気になりだすこともあるのです。


しつこくLINEをすると相手からあまり好感を持たれませんが、定期的にLINEをしておいてあるときピタッと連絡を止めてみるのもありかも。


それで彼が追いかけてこない場合は、空振りに終わってしまうかもしれません。


「押して引く」作戦で彼が食いつかないのなら、今後振り向く可能性は低いと見極められるでしょう。


彼のタイミングに合わせて


押し引きのタイミングはそのあとの恋愛を左右する、と言っても過言ではないこともあります。


そのため押せそうな時期を探ったり、駆け引きで相手の気持ちを知ったりと見極めが必要です。


嫉妬を煽ったりわざと既読スルーをしたり、そういう駆け引きはあまりおすすめしません。


しかし相手の状況を見て押し引きするのは、恋を成就させるためにはかなり大事になってきます。


彼のペースやタイミングに合わせて行動すれば、振り回して困らせることも避けられるはずです。


タイミングがよければ思いのほかスムーズに恋が進展することもありますから、ぜひチャレンジしてみてください。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ