『フジロック ’21』出演者第1弾発表 RADWIMPS、King Gnu、電気グルーヴがヘッドライナー

『フジロック ’21』出演者第1弾発表 RADWIMPS、King Gnu、電気グルーヴがヘッドライナー

 8月20日から22日に新潟・苗場スキー場で開催される日本最大規模の野外ロックフェス『FUJI ROCK FESTIVAL’21』の出演日別ランナップ第1弾が16日、発表された。ヘッドライナーは20日がRADWIMPS、21日がKing Gnu、22日が電気グルーヴに決定した。



【写真】『FUJI ROCK’21』出演日別ラインナップ第1弾も発表!



 20日のRADWIMPSは、フジロック'17以来4年ぶりにグリーンステージのヘッドライナーとして出演が決定。さらに、全米デビューを果たし全英最大級のフェス『Reading and Leeds Festival』『Download Festival』にも出演歴を持つバンド・MAN WITH A MISSION、レーベル所属アーティスト達が一同に会し共演する、今年設立10周年を迎えたレーベルSUMMITが出演する。



 21日は、フジロック’17でROOKIE A GO-GOステージに出演、翌年18年にはレッドマーキーに出演したKing Gnuが、満を持してヘッドライナーとして登場。また、世界的な活躍が目覚ましい小山田圭吾率いるCORNELIUSがフジロック'17以来4年ぶりに出演。The Birthday、ROVOの出演も決定した。



 22日の電気グルーヴは、フジロック’16でもクロージング・アクトとしてグリーンステージに出演、そして今年、ヘッドライナーとしてフジロック'21の有終の美を飾ってくれる。そのほか、P-MODELのリーダーとして日本の音楽シーンをけん引し続けてきた平沢進が、平沢進+会人(EJIN)名義で出演することも明らかになった。



 『FUJI ROCK FESTIVAL’21』は新型コロナウイルスの影響にともない、海外からアーティストを迎えることは断念し、国内のアーティストのみによる開催を決定。「場内各所で混雑が生じないよう入場人数を減らし、苗場の広大な野外空間における大自然の恩恵を活かした『自然と音楽の共生』を目指すフジロックならではの創意工夫を図り、感染リスクの回避に取り組んでまいります」と方針を示している。



■『FUJI ROCK FESTIVAL’21』出演者第1弾ラインナップ



●8月20日

RADWIMPS

MAN WITH A MISSION

SUMMIT(PUNPEE, GAPPER, OMSB, MARIA, SIMI LAB, DyyPRIDE, BIM, VaVa, in-d, C.O.S.A. × KID FRESINO, BLYY, TWINKLE+)

THE BAWDIES

ドレスコーズ

H ZETTRIO

Kan Sano

KID FRESINO(BAND SET)

LITTLE CREATURES

OKAMOTO'S

5lack

TENDOUJI

手嶌葵

Vaundy

YOGEE NEW WAVES

yonige

スピンオフ四人囃子feat.根本要&西山毅

KOTORI(selected by ROOKIE A GO-GO ’19)



●8月21日

King Gnu

CORNELIUS

The Birthday

ROVO

AJICO

Char

DENIMS

envy

カネコアヤノ

KEMURI

Mega Shinnosuke

milet

光風&GREEN MASSIVE

MONOEYES

ReN

サンボマスター

SIRUP

THE SKA FLAMES

THE SPELLBOUND

サニーデイ・サービス

THE ALEXX

草田一駿(selected by ROOKIE A GO-GO ’20)



●8月22日

電気グルーヴ

平沢進+会人(EJIN)

忌野清志郎 Rock’n’Roll FOREVER

CHAI

OAU

4s4ki

Awesome City Club

BEGIN

THA BLUE HERB

cero

羊文学

君島大空 合奏形態

MONO NO AWARE

折坂悠太(重奏)

STUTS(Band set : 仰木亮彦, 岩見継吾, 吉良創太, TAIHEI)

TENDRE

yonawo
カテゴリ