松本人志&若林正恭『審査員長・松本人志』第3弾 小山ゆうじろう氏がビジュアルデザイン担当

松本人志&若林正恭『審査員長・松本人志』第3弾 小山ゆうじろう氏がビジュアルデザイン担当

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が“審査員長”、オードリーの若林正恭がMCを務めるTBS系バラエティー特番『審査員長・松本人志』が、28日に放送(後9:00)。昨年8月と今年1月の2度にわたって放送され、大きな反響を呼んだ同番組の第3弾が行われる。



【番組カット】松本人志が“一生触っていられるもの”を体を張って調査



 松本自らが体当たりで審査し、優勝者には番組特製の「まつもトロフィー」を進呈するという前代未聞のコンテストバラエティー。普段は見ることのできない松本の体を張った審査が展開される。



 前回放送の「ステイホーム型室内アトラクションコンテスト」では、一瞬で砂が液体へ変化するアトラクション「瞬間落とし穴」や移動式の体験型アトラクション「どこでもバンジーVR」を体当たりで審査した松本。“絶叫”審査の松本、そして「(松本さんに)怒られるギリギリまでやってみよう」と目論む若林。そんな2人のかけあいもみどころのひとつだ。



 このたび、放送情報の解禁と併せて番組のキービジュアルも解禁。代表作に『とんかつDJアゲ太郎』(集英社刊)を持つ、漫画家の小山ゆうじろう氏がビジュアルデザインを担当した。小山氏は「思いがけず、こんなオモロBIGな番組のお仕事をいただけて、大大大光栄でした。お2人のイラスト、とても楽しく描かせてもらいました! 放送が今からとても楽しみです!」とのコメントを寄せている。
カテゴリ