池田秀一、安室透人気に“焦燥感” 「いるのかな?」と古谷徹を探す場面も

池田秀一、安室透人気に“焦燥感” 「いるのかな?」と古谷徹を探す場面も

 声優の池田秀一が17日、都内で行われた人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開記念舞台あいさつに登壇した。



【写真】コナンファンから寄せられたメッセージをじっくり読む池田秀一



 池田は自身が演じる赤井秀一について「初めて登場してから20年経つらしいのですが、この4、5年で赤井秀一というキャラクターが手のうちに入ってきた感じがします。かっこいいせりふと良い場面を作っていただき、恐縮しています」と、人気キャラクターに成長したことをファンやスタッフに感謝した。



 続けて「最近、ライバルというか安室(透)が人気というのは聞いていまして。ひょっとしてきょう来ているやもしれませんが。いるのかな?」と安室役の古谷徹を探す場面も。そして「安室人気でちょっと焦燥感あったんですが、なんとか頑張ってきました。どうぞ、ひとつよろしくお願いします」とあいさつし、会場を沸かせた。



 この日は、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、浜辺美波も出席した。



 今作では、世界を巻き込んだ未曽有の大事件を解決するために、劇場版には20作目の『純黒の悪夢(ナイトメア)』以来の登場となる“FBI捜査官で射撃の名手”である赤井秀一、赤井の弟である“7冠を達成したプロ棋士”羽田秀吉、妹である“女子高生探偵”世良真純、そして3人の母親で“領域外の妹”と名乗る謎に包まれた女性・メアリーが集結する。
カテゴリ