旨みと辛みがやみつきに!丸亀製麺に「豚キムチぶっかけうどん」が新登場

旨みと辛みがやみつきに!丸亀製麺に「豚キムチぶっかけうどん」が新登場


讃岐うどん専門店「丸亀製麺」に、春限定のスタミナ満点の商品が登場。4月20日(火)~6月初旬の期間、全国の「丸亀製麺」で、豚キムチとマヨネーズが食欲をそそる「豚キムチぶっかけうどん」が、また一部店舗では、にんにくとラー油の香りがたまらない「うま辛まぜ釜玉うどん」が販売される。

豚キムチ×マヨ×だしの「豚キムチぶっかけうどん」



「豚キムチぶっかけうどん」は、ぶっかけうどんの上に、柔らかな豚肉と酸味と甘みのあるキムチ、ニラをにんにくの利いたタレと一緒に一気に焼きあげ、仕上げにマヨネーズを添えたスタミナ満点のメニュー。豚肉の甘い脂とうま辛いキムチのエキスは、ぶっかけだしとの相性も抜群!やみつきになること間違いなしの一品だ。


さらなる味の変化を求めるなら、全体をまろやかな味わいにする「温泉玉子」+70円や、「天かす」、丸亀製麺オリジナルの「七香七味」などのトッピングがおすすめ。

温麺・冷麺どちらでも可能で、価格は<並>690円、<大>800円、<得>910円。持ち帰りは<並>と<大>のみ可能。また持ち帰りの場合は容器代として1杯につき別途30円が必要となる。

コク旨な味わいの「うま辛まぜ釜玉うどん」



にんにくとラー油の香りが食欲をそそる「うま辛まぜ釜玉うどん」は、茹で釜から直接すくい上げた釜揚げ麺の上に、しょうゆをベースにしょうがとにんにくを利かせた甘辛なそぼろ、ラー油を絡めた白ねぎ、刻みのり、仕上げに温泉玉子を添え、ごま油風味のたれが絡むスタミナ満点の一品。混ぜれば混ぜるほど、打ち立て・茹でたてのもちもちの麺と食感の異なる具材、まろやかな温泉玉子が一体となってうどんのおいしさを引き立てる。

こちらは温麺のみで、販売価格は<並>590円、<大>700円、<得>810円。持ち帰り対象外商品となっている。

新型コロナウイルス感染予防策


丸亀製麺では、安心な環境で「できたて」の食事が提供できるよう、従業員のマスク着用、店内消毒の強化や換気、取り箸の設置など、全国の店舗で感染予防策に取り組んでいる。
カテゴリ