『恋とオオカミには騙されない』最終回にむけて新たな恋の三角関係に

『恋とオオカミには騙されない』最終回にむけて新たな恋の三角関係に

 ABEMAのオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』の第10話が18日に配信された。シリーズ終盤を迎え、新たな恋の三角関係が発生した。



【場面写真】切なすぎる…花火をするのが初めてだというTakiとデートをしたそら



 アトリエでの作業もいよいよ大詰め。作業可能な日数が残り2日となり、メンバーたちは一段と気合が入っている様子。前回で「もう、りょうかちゃんは好きじゃない」とりょうかに伝え、次の恋に進んだちょこ。アトリエで、みちゅと作業を進め、自然とちょこの次の恋の話に。



みちゅは「気持ち的にはもう大丈夫なん? 誰か気になる人がいるの?」と切り出すと、ひと呼吸置いたちょこは「恋愛対象に入るのは、みちゅしかいない」と答えた。「今の状況で、申し訳ないけど」と想いを確かめ合っているみちゅともくだいを気遣いながらも「残りの時間はみちゅとたくさん話したい」と気になっていることを正直に伝えた。



 突然の告白を受けたみちゅは、もくだいを屋上の作業に誘い出す。みちゅは「もっくんに言うべきことじゃないかもしれないけど」と前置きしつつ、ちょこの気になる相手が自分だったことを打ち明ける。もくだいは「正直に言ってくれてうれしい。俺は美月が好きだから。どこにも行ってほしくない」と改めて強く自分の好意を告げた。新たに生まれた三角関係。気持ちを確かめ合い、お互いに好意を寄せあうみちゅともくだいのペアは、このまま最終告白を迎えるのか。



 夜を迎え、成人したメンバーのみで作業を続けることに。Takiはそらからの誘いを受け、2人きりのデートに出掛けた。中間告白では両想いになったものの、Takiはそらの気持ちに自信を持てなくなっていた。そらは、手持ち花火をしたことがないというTakiのために、花火を用意。2人で花火を楽しんだ後、そらは「自分の中で気持ちの整理がついたから、Takiちゃんに一番最初に気持ちを伝えたいと思って」とデートに誘った理由を説明。続けて「ずっと気持ちをはっきりさせない俺を、待っていてくれてありがとう」とTakiに感謝を述べるそら。果たして、そらが出した結論とは?



 終盤、アトリエで残り、作業を続けるメンバーのもとに、LINEの通知音が響き渡る。それは、とあるメンバーからのまさかのデートのお誘いだった。急に動き出した様子にメンバーも「何を考えているかわからない」「なんで急に」と口を揃える。デートに誘ったメンバーは、一体誰なのか。最終回に向けて波乱の恋模様、そして次週いよいよ脱落したメンバーの復活が行われるかが判明する。



 番組は、デートや共同作業を通して“真実の恋”をかなえようと奮闘する10人の男女を追いかける。ただし、10人の中には、好きなフリをする「嘘つき“オオカミ”」が1人以上潜んでいる。好きになった相手は“オオカミ”なのか? それでも相手を信じ、真実の恋を実らせることができるのか? 予測不可能な恋の駆け引きと、男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころとなっている。



 出演する女性メンバーは、SNS総フォロワー数500万人越えのモデル・YouTuberのなえなの、Popteen専属モデルの長谷川美月(みちゅ)、アーティストのTaki、女優の吉田伶香(りょうか)、『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に出演し、話題となった女優の川口葵(あおい)。



 男性メンバーは、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系)に出演するほか活躍の場を広げる俳優の綱啓永(つな)、TikToker・モデルのりゅうと(ちょこ)、俳優・モデルの樋口晃平(こうへい)、アーティストの杢代和人(もくだい)、俳優の井上想良(そら)が出演する。スタジオMCは横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠が、さらに加速する10人の男女の恋模様を温かく見守る。
カテゴリ