「彼を好き過ぎな彼女」はかわいい!でも冷められる言動に要注意!

「彼を好き過ぎな彼女」はかわいい!でも冷められる言動に要注意!

彼にゾッコンな彼女は、男性から見てもかわいいですよね。


でもあまりに好き過ぎると、見逃しがちなポイントがあります!


好き過ぎてやってしまいがちな、彼に冷められやすい言動を紹介します。




「どうして、私ばっかり!」……見返り不美人


彼のことが大好きなので、彼のために何かをするのが大好き!


いろいろすると、彼が喜んでくれて、こちらもハッピーな気持ちになれますよね。


でも「自分がやりたい」からやっているのではなくて、「彼が喜んでくれるから」やるのは、やめた方が良いかも。


見返りを求めると、気持ちはエスカレートしがちで、後々しんどくなってしまいがちです。


でも純粋に「やりたいからやっているだけ」なら、たとえ他者から見ると理不尽でも、本人はハッピーでいられるもの。


そういうニコニコ彼女は、彼からも愛されると思いますよ!


妄想モンスターになっちゃう


彼が少しでも冷たいと、「彼に嫌われるんじゃないか」「もしかして、浮気?」などと悶々としてしまう人も……。


最初は「かわいい」と多めに見てくれていたとしてもお、だんだんと重たく感じられてしまいます。


何かの拍子に妄想モンスターモードに突入してしまったら、まずは深呼吸。


すべてPMS(月経前症候群)のせいにして、自分を癒やしてあげてもいいですね。


くれぐれも、彼に当たるのだけはNGでいきましょう!



「好きっていって」のオンパレード


「好きっていって」のオンパレード


毎日のように愛情を確認したがるタイプも要注意!


ついやってしまいがちなのですが、頻度が高くなればなるほど、彼の気持ちは「好き」から遠ざかって、義務のよういになってしまいます……。


「時々、『好き』って言ってくれるとすごく嬉しいんだよ?」と伝えておくだけでも十分だと思いますよ!


本当は予定があるのに「大丈夫だよ!」


その日はおんな友達との約束があるのに、彼に誘われるとつい「大丈夫!」とOKしてしまう……。


彼を優先するあまり、他の友達との約束を断りがちな人もいるでしょう。


そんなことを繰り返していると、女友達に嫌われてしまう可能性もありますし、何より「話題の少ない子」になってしまいがちです。


一緒にいるなら、いつもいろいろなことにチャレンジをしている話題性のある子と一緒にいたいですよね。


彼もきっとそう思っているはず!


彼に愛されるためにも、彼以外の時間もどんどん楽しんで、話題の豊富な女子になっちゃいましょう!


ちょっと重たいくらいがかわいい!


愛情表現がちょっとくらい重たくてもOK!


でも彼のことをきちんと観察して、引かない程度にするのがポイント。


彼にそれ以上愛情を注ぎたくなったら、その分を自分に注いであげましょう!


そうすればきっと、もっと愛され女子になれると思いますよ。


(なつくま/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ