遠藤憲一、本家と“菜々緒ポーズ”でお茶目な姿 SNSでは美脚と話題に

遠藤憲一、本家と“菜々緒ポーズ”でお茶目な姿 SNSでは美脚と話題に

 バカリズムによるオリジナル脚本、永野芽郁主演で映画化した『地獄の花園』(5月21日公開)のメイキングカットが20日に解禁。キャストたちの和気あいあいとした様子や遠藤憲一が“本家”とともに“菜々緒ポーズ”をキメる写真が公開した。



【場面カット】広瀬アリスら“チャリで来た”ポーズや永野芽郁の激かわショットも



 普通のOL生活を送る直子(永野)の職場では、裏で社内の派閥争いをかけたOL達が日々喧嘩に明け暮れていた。ある日、一人のカリスマヤンキーOL蘭(広瀬アリス)が中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は平穏無事なOLライフを全うすることができるのか!?



 永野、広瀬、そしてOL達を牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒のほか、川栄李奈、大島美幸(森三中)、遠藤、勝村政信、丸山智己、小池栄子の出演が発表されている。



 解禁となったメイキングカットでは、キャスト達の撮影現場での和気あいあいとした様子が収められており、ノリノリでキメた集合写真や“10頭身女優”菜々緒に負けず劣らずの美脚を惜しげもなく披露し、SNSでも話題となっている遠藤が、本家と共に“菜々緒ポーズ”で並んだお茶目な姿を披露。



 さらに、かわいさ爆発の永野&広瀬のオフ感満載の鏡越しショットや永野が頭に氷のうを乗せ、無邪気にほほ笑む姿。加えて、小池が永野のパンチを受ける楽しげなカットなど、カメラが回っていない所では、仲睦まじい姿が垣間見えるメイキングカットとなっている。



 永野も「撮影現場は笑いが絶えなかったですし、監督・スタッフそして他の出演者の方みんなで面白い作品になるよう一生懸命頑張りました」と話している通り、キャスト、スタッフが一体となり、笑いに貪欲に突き進んだ作品となっている。
カテゴリ