告白するきっかけを男性に与える、女性の言動3選

告白するきっかけを男性に与える、女性の言動3選

よい雰囲気になっている男性がいると、「いつ告白してくれるのかな」とどきどきしながら待つこともあるでしょう。


でもそんな気持ちがわからない男性。いつまで経っても告白してくれないと、あなたもやきもきするはずです。


そこで今回紹介するのが「告白するきっかけを男性に与える、女性の言動」です。


女性のちょっとした言動で、男性が告白を意識することがあるかも。


くわしくは次のページから、見ていきましょう。



「〇〇くんって彼女いるの?」と聞かれたとき


「バイトの後輩から『〇〇さんってモテそうですけど、彼女いるんですか?』って聞かれたとき『いないよ。なんなら、君に彼女になってほしいんだけどね』って答えちゃってた。今思うと誘導……?まあいっか!」(21歳/学生)


本人から直接「彼女いるんですか?」と聞かれると、「この子は俺に興味を持ってくれてるんだな」「好意を持ってくれてるのかもしれない」と感じる男性は多いようです。


彼女の有無を問うだけでなく「私、彼氏いないんですけど」「〇〇くんって最高だよね」など、自分から好意が伝わるようなメッセージもプラスできるとより効果的でしょう。


ほかの男性からアプローチされていると知ったとき


「いい感じだなと思ってた女性と映画の話をしてたら、『あ、この映画〇〇さんに誘われたんだよねー。行ってみようかな……』と、ほかの男性からアプローチを受けていることを知って焦りました。決心して、翌週には告白しましたよね」(26歳/営業)


気になる女性がほかの男性からもアプローチを受けていることを知ったとき、「取られたくない!」と奮起する男性は多いようです。


あからさまなアピールではなく「〇〇くんから電話あってさー」「この前〇〇くんとお茶したんだけど……」など、あくまでさりげなくほかの男性からのアプローチがあることを伝えましょう。


きっとあなたの気になる彼も、告白を意識してくれるはずです。


LINEでプライベートな話を出されたとき


LINEでプライベートな話を出されたとき


「LINEで『返信おそくなってごめん!今お風呂入ってた~』とか、最近はプライベートな話題がよく出てくるようになってきてます。これは告白してもいけるんじゃないかって思いましたね」(28歳/メーカー勤務)


恋愛関係を進める上で大切なLINE。プライベートな話題を出されると、男性は「もっと距離を縮めてもいいのかな」と思うようです。


告白してほしい男性には、「さっき起きた!」「今からご飯です~」「週末ひまなんだよなぁ」など、プライベートな話題もどんどん出していってみましょう。


男性に、告白するきっかけを与えてあげて


ほかの男性からアプローチを受けていることを知ったり、自分への好意を確信したり、LINEでの話題が親密なものになっていったりと、男性が告白を決意する瞬間はさまざまです。


片思い中の男性に自分から告白する前に、彼からの告白をうながすようなアクションをとってみてはいかがでしょうか。


(愛カツ編集部)



カテゴリ