1日限定30食。大阪の“築80年リノベ古民家×アフタヌーンティー”の非日常空間が、今いちばん気になります


大阪で古民家をリノベーションしたアフタヌーンティー専門店「salon de the Tea shot(サロン ド テ ティーショット)」が、4月22日(木)にグランドオープン。



古民家や下町の趣きと、アフタヌーンティーの新旧織り交ざる世界観を満喫できますよ。



築80年の古民家とアンティーク調の和洋による非日常感





京橋からほど近い蒲生四丁目(愛称:がもよん)に構える「salon de the Tea shot」。



下町特有の風情ある街並みのがもよんには、ミナミや梅田と違った魅力が詰まっているんです。





建物は築80年を越える古民家で、元々住まれていた住民の方の歴史や思いを汲み、床の間や庭は元を活かした形でリニューアル。





古民家の風合いを生かした趣きのある空間と、海外のアンティーク調の家具が溶け込んで、和洋の調和がとれたデザインがとても魅力的ですね。



下町とは思えない優雅な空間が広がっており、非日常を体験できるかも。



イギリス発祥のアフタヌーンティーがメイン



メニューはイギリス発祥の文化 アフタヌーンティーが中心で、酸味や塩味のある軽食のセイボリーと、ジャムやスコーンを主としたスイーツなど、こだわりの素材と調理法で忠実に演出しているんだとか。



日本ではまだ馴染みが薄いアフタヌーンティー文化ですが、初めて体験する方も、味覚で感じながらたのしめるセット内容です。








「アフタヌーンティー プリンセスセット」(税込3000円)は、3段アフタヌーンティーと、おかわり自由の紅茶またはコーヒーがセット。



ゆっくり流れる時間に身を委ねながら、軽食やスイーツをつまんで楽しめちゃいます。





「アフタヌーンティー クイーンセット」(税込3800円)は、3段アフタヌーンティー、おかわり自由の紅茶またはコーヒーに加えて、パスタやデザートプレートが付いてくるおすすめのセットです。



しっかり食事も楽しめるので、満足度も高いこと間違いなし。



1日限定30セットの2部制



上記の3段アフタヌーンティーセットは1日限定30セットとなっていて、セット完売後はケーキセットでの提供となり、すべて完売次第終了だそうです。








こちらの写真はケーキセットの一部です。



予約は第1部(11:30~13:30)と第2部(14:30~16:30)の2部制だそう。事前に予約をしてから足を運ぶのが安心かも。



下町の街並みを満喫しながら、ご褒美に非日常的なアフタヌーンティーを体験してみてはいかがですか?



関西地方に在住の方は、是非チェックしてみてくださいね。



salon de the Tea shot 公式Instagram

https://bit.ly/2P44WYl



カテゴリ