生島翔、世界配信イベント司会で流ちょうな英語 父・生島ヒロシも“乱入”

生島翔、世界配信イベント司会で流ちょうな英語 父・生島ヒロシも“乱入”

 コンテンポラリーダンサーで振付師、俳優の生島翔(35)が22日、司会で世界デビューを果たした。



【写真】映画『DARC』では…鬼気迫るヤクザの幹部を熱演した生島翔



 この日は『世界中で地球を考えるアースデイ』。東京スカイツリーで行われた新モニュメントを設置するイベントはYouTubeで世界配信されたが、MCとして登場した翔は世界的写真家レスリー・キー氏(50)や俳優・藤岡弘、(75)、女優・東ちづる(60)といったゲストと流ちょうな英語+日本語を駆使し、ワールドワイドなイベントを盛り上げた。



 大役を終え「日本の今を世界に発信できて良かったです。これから、もっともっと頑張ります!」と、ホッとひと息の翔だったが、途中、TBSラジオの本番を終え会場に駆けつけた父親でフリーアナウンサー・生島ヒロシ(70)が“乱入”するひと幕も。生島は「英語力はボクを超えている。あとは、表情を柔らかくしリラックス、そしてアドリブがあるともっと上手くなる」と目を細めていた。



 翔は暁星中学を卒業後、高校から米国留学。ニューヨーク大学ティッシュ・スクールオブジアーツを3年で卒業後、ドイツ・カッセル州立劇場とソリスト契約。準主役に抜てきされた2018年の米映画『Darc』はNetflixで190ヶ国に配信され、ハリウッドデビューを果たしている。
カテゴリ