【青天を衝け】第11回「横濱焼き討ち計画」あらすじ 惇忠とともに“攘夷”決行

【青天を衝け】第11回「横濱焼き討ち計画」あらすじ 惇忠とともに“攘夷”決行

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第11回「横濱焼き討ち計画」があす25日、放送される。



【第11回場面写真】草なぎ剛をバックハグする川栄李奈



 先週放送の第10回「栄一、志士になる」では、井伊直弼に代わって老中・安藤信正(岩瀬亮)が、孝明天皇(尾上右近)の妹・和宮(深川麻衣)の将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁を進めていた。朝廷との結びつきを強めて幕府の権威回復を図った和宮降嫁は、尊王攘夷派の志士に火をつける。そして、念願の江戸に来た栄一は、尊王論者・大橋訥庵(山崎銀之丞)を紹介され、安藤の暗殺計画を知る。長七郎(満島真之介)は、その計画のために命を捨てる覚悟を決めるが…。



 今回、栄一と千代(橋本愛)に待望の第1子が誕生するも、すぐに亡くなってしまい、渋沢家は重い空気に包まれてしまう。そんな中、惇忠(田辺誠一)は自らの手で攘夷の口火を切ろうと、横浜の外国人居留地の焼き討ちを発案する。心を動かされた栄一は、武器や仲間を集め始める。一方、謹慎を解かれた慶喜(草なぎ剛)は将軍・家茂(磯村勇斗)の後見職となるも、島津久光(池田成志)らから「一刻も早く攘夷の決行を」と迫られる。
カテゴリ