男性が思わず「キスしたい」と感じる唇とは?

男性が思わず「キスしたい」と感じる唇とは?

男性から積極的にキスしてくれると、愛情を感じてとても嬉しいですよね。


中には「彼にもっとキスしてほしい」と考える女性もいるのではないでしょうか。


本記事では、男性が思わず「キスしたい」と感じる唇の特徴を調査してみました。


男性目線で色っぽい唇をゲットして、さらにモテ度を上げましょう。



ナチュラルな潤い


「パサパサした唇より、プルプルな唇の方が女性らしさを感じます。

ベタベタしてると、キスするか迷っちゃいますけど」(20代/経理)


保湿された唇は、柔らかそうな印象を与えます。


ガサガサの皮むけした唇よりも、ツルッとした滑らかな唇をした方が、キスした時の感触がいいですよね。


ただし、グロスをつけすぎると「キスするとベタベタしそう」「天ぷら食べたみたい」と感じるみたい。


そのため、あくまでナチュラルな潤いを意識することが大切です。


口紅を塗る前の段階で、しっかりとリップケアをして、元から保湿された状態を作りましょう。


マットすぎる口紅は避け、オイル入りやプランパーなどを選ぶと魅力的な唇に仕上がりますよ。


ぷっくり厚みがある


「唇が大きな女性って色っぽいですよね。ついじっと見ちゃいます」(20代/美容師)


唇に厚みがあると弾力感が際立ち、鼻筋や顎とのバランスも良くなります。


また厚みが感じられた方が、唇の存在感も増すため、つい目が奪われるようです。


ぷっくりと見せるために、プランパー効果のある口紅や、グラデーション系のリップメイクを取り入れてみましょう。


また唇の山にハイライトを乗せたり、鼻の下や唇の下にシェーディングを入れたりすると、唇のボリューム感が引き立ちます。


このようにメイク次第で、唇の印象を変えることは十分に可能なんです。


ナチュラルに見える程度に、立体的に見せるテクニックを取り入れましょう。


可愛らしい自然な血色感


「その女性に似合っていれば真っ赤でもいいですけど、やっぱり王道のピンクリップが可愛いと思います」(20代/営業)


男性は本能的に、唇から「健康的な女性か」を判断しているそうです。


そのため、程よい自然な血色があると、異性として魅力を感じるのだとか。


最も人気なのは、肌の色と馴染みが良いコーラルやピンクといった色です。


オレンジやレッドもナチュラルな発色なら、男性ウケが狙えますよ。


反対にビビッドカラーや濃いレッドなどは、男性にとってキツい印象を与えるみたい。


派手なメイクが好きな男性もいますが、基本的にはかわいらしい自然な血色感を意識すると効果的ですよ。


黄金比は1:1.3~1.5


「唇の形が綺麗だと顔全体が整って見えます。

もちろん顔が全てじゃないけど、惹かれる魅力ではありますよね」(30代/営業)


唇が美しく見える幅の黄金比は「上唇:下唇=1:1.3~1.5」といわれています。


オーバーリップやコンシーラーを使って黄金比に形を近づけると、より唇の魅力がアップしますよ。


オーバーリップさせる場合は、リップペンシルも使うと綺麗に境目が整います。


また口角を延長するように、薄いシェーディングを入れると、口角が上がって横幅が広く見えますよ。


唇の横幅が小さい場合は、ぜひ試してみてくださいね。


魅力的な唇を手に入れよう


デートする際は、メイクに力を入れる女性は多いのではないでしょうか。


今回ご紹介したメイクテクニックなどを取り入れれば、いつも以上に可愛い唇に仕上がって、自信に繋がるかもしれません。


また唇以外にも、様々なパーツにメイクテクニックがあるため、自分に合う方法を取り入れると、もっと可愛くなっていくはず。


ぜひ色々なメイクを試して、あなたらしいベストな方法を見つけ出してくださいね。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ