乃木坂46生田絵梨花、『うたコン』で“レミゼ”エポニーヌとして初歌唱へ「地を踏みしめて歌いたい」

乃木坂46生田絵梨花、『うたコン』で“レミゼ”エポニーヌとして初歌唱へ「地を踏みしめて歌いたい」

 乃木坂46の生田絵梨花が、あす27日放送のNHK総合『うたコン』(毎週火曜 後7:57)に出演し、5月25日に東京・帝国劇場で初日を迎えるミュージカル『レ・ミゼラブル』の「オン・マイ・オウン」をメディア初披露することが決定した。



【写真】月9では華麗なバレリーナ役の生田絵梨花



 生田は2017年、19年にミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』にコゼット役で出演してきたが、2021年公演ではエポニーヌ役に初挑戦。革命を志すマリウスと愛し合うコゼットとは対照的に、マリウスへの一途な思いが報われず、かなわない思いを胸に自分の人生を生き抜くエポニーヌ役をオーディションで見事に射止めた。



 毎回『レ・ミゼラブル』の製作発表では全出演者が顔をそろえ、新キャストが歌唱披露するのが通例。しかし、今回は、コロナ禍で製作発表が行われなかったことから、今回の『うたコン』が生田演じるエポニーヌの初歌唱となる。



 マリウスへのかなわぬ思いが込められた「オン・マイ・オウン」初披露を控えた生田は「コロナ禍で今年は製作発表ができなかったので、このステージがエポニーヌを務める演者としての第一歩のように感じています。とても緊張しますが、見てくださっている方々にお届けするという気持ちを忘れず、地を踏みしめて歌いたいです」と意気込みを語っている。



■ミュージカル『レ・ミゼラブル』公演概要

5月25日(火)初日~7月26日(月)千穐楽

プレビュー公演:5月21日(金)~24日(月)

東京・帝国劇場
カテゴリ