古田新太が松坂桃李に襲いかかる『空白』特報映像解禁 追加キャストも発表

古田新太が松坂桃李に襲いかかる『空白』特報映像解禁 追加キャストも発表

 俳優の古田新太と松坂桃李が実写映画で初共演する『空白』(配給:スターサンズ/KADOKAWA)の公開日が、9月23日(木・祝)に決定し、追加キャスト、キービジュアル、本作が初共演となる古田新太と松坂桃李の息もつかせない圧巻の競演が襲いかかってくる特報映像が発表された。



【動画】映画『空白』特報



 本作は、第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(2019年)、現実の祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(20年)、そのほか、『ヤクザと家族』(20年)など、意欲的・挑戦的なテーマの作品を次々と生み出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ〜ル』(16年)、『愛しのアイリーン』(18年)、『BLUE/ブルー』(21年)などを手掛ける吉田恵輔とタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出す

田恵輔監督・オリジナル脚本で挑むヒューマンサスペンス。



 物語は、中学生の万引き未遂から始まる。中学生の少女がスーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて死亡してしまった。娘のことなど無関心だった少女の父親は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化していく。



 観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田充に、劇団☆新感線の看板役者で、世界にただ一つの存在感を打ち立てた古田が、7年ぶりの主演作に挑む。土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳直人に、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂。



 そして、新たに発表されたキャストは、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子、そして寺島しのぶ。

映画『さんかく』以来の吉田田組の参加となる田畑智子が演じるのは、古田新太演じる充の元妻の松本翔子。『佐々木、イン、マイマイン』『his』にて第42回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞するなど、若手注目株、藤原季節が演じるのは、漁師である充の弟子・野木龍馬。趣里が演じるのは、充の娘・花音の中学校の担任教師・今井若菜。充の娘役の花音に、『湯を沸かすほど熱い愛』で第31回高崎映画祭で最優秀新人女優賞を受賞した実力派・伊東蒼。片岡礼子が演じるのは、花音をはねた女性ドライバーの母・中山緑。そして、松坂桃李演じる青柳直人が店長を務めるスーパーアオヤギのパート店員・草加部麻子に寺島しのぶ。次から次へと想像もつかない行動を繰り出す神出鬼没の父親・充。やがて彼は店長だけでなく、事件に関わったすべての人々をのみこんでいく──。



 解禁されたキービジュアルは、「父、暴走。」のコピーと、古田の顔が全面に映し出されたビジュアルと、視線が何かを物語っている松坂の横顔。追う者と、追われる者のインパクトあるビジュアルとなっている。



 チラシは、古田と松坂の顔が両面見開きとなり、中面は、添田充(古田)の娘・花音(伊東)の後ろ姿と、「はじまりは、娘の万引き未遂だったー。」の文字で構成されている。



 特報は、中学生の花音(伊東)を、スーパーアオヤギの店長・青柳直人(松坂)が自動ドアをすり抜け全速力で追いかけるシーンから始まる。追いつかれそうになった瞬間に車道に飛び出す花音、驚き唖然とする青柳。霊安室で娘の死に慟哭する父・添田充(古田)。「娘を失った父はモンスターになる」というナレーションと共に、充の暴走が始まる。青柳の胸ぐらを掴み、怒鳴り、罵倒し、後を追いかけ空き缶を投げつけ追い詰める。泣いても土下座しても逃げられない。ラストは、汽笛音、白波、かもめが物語の広がりを予感させ、「のみこまれるか、のみこむか」のコピーに花音の制服の後姿が印象的である。

カテゴリ